このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-1998-033
事例作成日
(Creation date)
1998/07/02登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時55分更新日時
(Last update)
2021年03月09日 13時06分
質問
(Question)
「業精于勤荒于嬉」の読み方、意味、出典を知りたい。
回答
(Answer)
深谷市の渋沢栄一記念館に調査依頼。
この文は、中唐の詩人文章家の韓愈(768~824)作「進学解」の中の一文である。業〈ギョウ〉は勤〈ツト〉むるに精〈クワ〉しく嬉〈タノ〉しむに荒〈スサ〉む。学業は勤めれば勤めるほど精通するが、反対に遊びにふけっていればいるほどすさんでだめになるものだ。

『世界古典文学全集 30A 韓愈1 韓昌黎文集 12』(筑摩書房 1986)p42-44に所収。
原文、書き下し文、解釈の記述あり。

調査済み資料
『青淵渋沢栄一の書』『渋沢栄一事業別年譜』『埼玉県行政史第4巻』『渋沢栄一全集 6』『渋沢栄一訓言集』『渋沢栄一言行録』『栗原浩随想録』『渋沢栄一伝記資料』
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『世界古典文学全集 30A 韓愈1 韓昌黎文集 12』(筑摩書房 1986)
キーワード
(Keywords)
渋沢 栄一(シブサワ エイイチ)
韓 愈(カン ユ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000019360解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決