このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-017
事例作成日
(Creation date)
2007/04/19登録日時
(Registration date)
2007年09月21日 02時10分更新日時
(Last update)
2019年07月18日 15時05分
質問
(Question)
江戸時代、家紋は勝手に用いることができたのか。何か制約のようなものがあったのかを知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。

『日本史大事典 6 へ-わ』(平凡社 1994)
 p769「紋章」〔江戸時代〕の項
 「家紋は狭義に解釈すれば、武士のみのものであったが、その使用の制限・統制は、菊、桐、葵紋および領主の家紋を除いては、苗字のように使用を禁じることはなかったので、紋付を着用できるほどの者は勝手次第に用いていた。」とあり。
『家紋の文化史 図像化された日本文化の粋』(大枝史郎著 講談社 1999)
 p192「庶民の紋」の項
 「江戸時代、庶民は家紋を使うことは自由であったが、大名や旗本と同じ紋を使うことは禁じられたので、独自の工夫をこらした紋を開発した(後略)」とあり。
『事典しらべる江戸時代』(林英夫ほか編 柏書房 2001)
 p744「家紋」の項あり。
『家紋の話 上絵師が語る紋章の美』(泡坂妻夫著 新潮社 1997)
 p113「江戸」の項あり。
回答プロセス
(Answering process)
参考図書を調べる。

『日本史大事典 6 へ-わ』p766-769「紋章」の項に詳細な記述があった。
『事典しらべる江戸時代』p744「家紋」の項には、「江戸時代には、侠箱に紋を示すなど、徳川支配下の武士の格式を確認する目印となり、肩衣・小袖などに用いられることによって、家紋の図案化が進んだ。町人などにも着衣に家紋を用いる者が現れ、・・・」とあり。
 その他、家紋関係の資料を探索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
日本史  (210 9版)
法制史  (322 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本史大事典 6 へ-わ』(平凡社 1994), ISBN 4-582-13106-9
『事典しらべる江戸時代』(林英夫ほか編 柏書房 2001), ISBN 4-7601-2103-X
『家紋の文化史 図像化された日本文化の粋』(大枝史郎著 講談社 1999), ISBN 4-06-209460-6
『家紋の話 上絵師が語る紋章の美』(泡坂妻夫著 新潮社 1997), ISBN 4-10-600528-X
キーワード
(Keywords)
家紋
日本-歴史-江戸時代
武家法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000037628解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!