このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
K2003F1632
事例作成日
(Creation date)
20030813登録日時
(Registration date)
2005年02月04日 02時14分更新日時
(Last update)
2005年11月28日 17時13分
質問
(Question)
「神垣秀六」という人物に関し、『佐賀史談』のほかに自伝・伝記等があるか。
回答
(Answer)
神垣秀六については、『法窓風雲録〈上〉』(野村正男 朝日新聞社 1966  <320.28-N934h>) pp.338-360 「神垣秀六」 に訪問記が掲載されています。訪問記では神垣が、自分や自分のふるさと、先輩、自分の担当した事件などについて語っており、肖像・略歴も付されています。

また、自伝、伝記の類ではありませんが、『五・一五事件』(保阪正康 草思社 1974 < GB521-74>)pp.348-361 「民間側公判」 の中にも神垣に関する描写が若干あります。五・一五事件では軍人のみならず民間人も参加したため、裁判は、海軍側は東京軍法会議で、陸軍側は第一師団軍法会議で、民間側は東京地裁で行われました。神垣は東京地裁における民間側公判の裁判長を務めており、その時の被告人らとのやり取りなどが記載されています。

さらに、神垣に関するごく簡単な紹介〔肖像、略歴等〕は、以下の資料にも記載されています。

『帝国法曹大観』 帝国法曹編纂会 1929 p.244 <A112-416>
『全国弁護士大観』佐原泉 法曹公論社 1977 p.210 <A114-21>
『日本法曹界人物事典 司法篇 第5巻』 ゆまに書房 1995〔昭和15年刊『大日本司法大観』の複製〕p.38 <A112-E264>
『年刊 人物情報事典 &#39;82 1政治・官界・法曹編』日外アソシエーツ株式会社編・出版 1982 <GB13-98>
  p.233〔1981年5月31 日  朝日新聞朝刊の死亡記事の転載〕

< >内は当館請求記号
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
神垣秀六
五・一五事件
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000014395解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!