このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2001F4867
事例作成日
(Creation date)
20011024登録日時
(Registration date)
2005年02月02日 02時11分更新日時
(Last update)
2005年11月16日 17時21分
質問
(Question)
梵鐘の鋳造方法、作製法について書かれた図書、または論文。
回答
(Answer)
梵鐘の「和鐘」に限定して、鋳造方法、作製法は歴史的と現代的手法が記載された、当館所蔵の文献をご紹介します。

(1)『美術鋳物の手法』鹿取一男著 東京 アグネ 1983.6 265p 22cm <KB141-29>
   3 真土型鋳造法 3.2 鋳型製作法<焼流し法と挽型法> 3.2.9 段重ね平回し挽型法 pp.88-92
   7 合金・溶解・鋳造 7.1 銅合金 7.1.1 青銅 鐘用青銅と響銅および鏡用青銅 p.179
(2)『鋳造 技術の源流と歴史』石野亨著 東京 産業技術センタ- 1977 352,6p 22cm <DL364-4>
   四 つりがね -鐘・〓(かねへんに専)から和鐘へ 梵鐘の製作技術 pp.209-232
(3)『日本の梵鐘』坪井良平著 東京 角川書店 1970 482,59p 図版 27cm <KB331-1>
   一 日本梵鐘の考古学的考察 VI 梵鐘の鋳造 pp.43-52
(4)『梵鐘』坪井良平著 東京 学生社 1976 231p 19cm <KB331-6>
   六 和鐘の鋳造 惣型法と蝋型法 pp.72-77 
  梵鐘の重さ   pp.77-78

< >内は当館請求記号
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金工芸  (756 9版)
参考資料
(Reference materials)
美術鋳物の手法 鹿取一男著 アグネ 1983.6 265p <KB141-29>
鋳造 技術の源流と歴史 石野亨著 産業技術センタ- 1977 352,6p <DL364-4>
日本の梵鐘 坪井良平著 角川書店 1970 482,59p <KB331-1>
梵鐘 坪井良平著 学生社 1976 231p <KB331-6>
キーワード
(Keywords)
つりがね
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
専門図書館
登録番号
(Registration number)
1000014034解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!