このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D2003F2158
事例作成日
(Creation date)
20031027登録日時
(Registration date)
2005年02月04日 02時15分更新日時
(Last update)
2005年11月29日 16時45分
質問
(Question)
合景画について、描く対象の組み合わせで名づけた「名称」と「絵」の持つ意味について知りたい。『墨場必携』(清雅堂)所収の「数目謎語類」には、64種の合景画の名称を載せている。「忠孝雙全」=葵、萱草、「一笑」=竹、犬などの組み合わせがあげられているが、なぜこのような名称をつけたのか知りたい。
回答
(Answer)
「忠孝雙全」「一笑」といった画題の意味、解説、出典等を調べる資料として次の資料があります。

(1)『東洋画題綜覧』 金井紫雲 国書刊行会 1997.5 <KC2-G3>
(2)『画題辞典』 斎藤隆三 国書刊行会 1977.6 <KC2-18>

ちなみに、(2)の「忠孝雙全」の項では、以下の記述があります。
「ちうかうさうぜん 忠孝雙全
 葵と萱草とを畫く、萱草は百合科の植物、葵は宋の程槃が名花三十客を撰び、日に従つて花は廻るといふ意味から、忠客と呼び忠の象徴としたことにより、又萱草はその母の齢を忘るるほど長壽を祈るといふことから、わすれ草といひ、母を稱して萱堂といふ孝に象るもの。」

< >内は当館請求記号
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
〔典拠〕『墨場必携』(清雅堂)、『日本南画描法全書』(文進堂)
NDC
東洋画  (722 9版)
参考資料
(Reference materials)
東洋画題綜覧 金井紫雲 国書刊行会 1997.5 <KC2-G3>
画題辞典 斎藤隆三 国書刊行会 1977.6 <KC2-18>
キーワード
(Keywords)
合景画
絵画-中国
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000014434解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!