このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2019口頭1102
事例作成日
(Creation date)
2019年11月15日登録日時
(Registration date)
2019年11月15日 10時15分更新日時
(Last update)
2019年11月20日 13時07分
質問
(Question)
1990年代及び2000年代の日本におけるラジカセの売上高を基幹統計で調べたい。
回答
(Answer)
国立国会図書館提供調べ方案内のページ「リサーチ・ナビ」の「製造業に関する統計」( https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102151.php )では、工業製品に関する基幹統計として、経済産業省の「経済産業省生産動態統計調査」が紹介されています。
「ラジオ付きカセット」の販売金額は、「経済産業省生産動態統計調査」の『機械統計年報』に掲載されていましたので、インターネット情報1を紹介します。
インターネットの最終アクセス日は2019年10月29日です。

インターネット情報1
「経済産業省生産動態統計調査」(経済産業省)
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/
>過去の年報(長期時系列データ(年報掲載情報))
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/archives/index.html
「経済産業省生産動態統計調査」の『機械統計年報』が、平成元(1989)年版から平成22(2010)年版まで掲載されています。
『機械統計年報』の平成14(2002)年版までは、 「ラジオ付カセット」の過去5年分の販売金額が掲載されています。例えば、平成元(1989)年版では、「第1部 生産動態統計」>「6.生産・出荷・在庫統計」>「34 民生用電子機械器具」に掲載されています。
ただし、平成15(2003)年以降は、調査品目の見直しが行われたため、「ラジオ付カセット」のみの販売金額は掲載されていません。

調査品目の見直しについては、『機械統計年報』の平成15(2003)年版 (  https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/archives/pdf/H15/kikai_H15.pdf  )の「第2表 機械器具に関する生産動態統計調査の改正について」(p.8)で、「ラジオ付カセット」と「デジタルオーディオディスクプレーヤ」の一部が統合されて「ラジオ付CD・MDシステム(カセット付を含む)」へと定義・名称変更されたことが分かります。
また、『機械統計年報』の平成17(2005)年版 ( https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/archives/pdf/H17/kikai_H17.pdf  )の「第2表 調査票の改正について」(p.10)で、「ラジオ付CD・MDシステム(カセット付を含む)」、「ステレオセット」と「デジタルオーディオディスクプレーヤ(ステレオセット用及び自動車用を除く)」が、「ホームオーディオ」へと統合・名称変更されたことが分かります。
なお、調査品目の変遷については、経済産業省生産動態統計 > 調査品目の変遷(  https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/chosahinmoku_hensen.html  )でも確認できます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
通信工学.電気通信  (547 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ラジカセ
ラジオ付カセット
基幹統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
経済社会
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000265252解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!