このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000050447
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
O2008M0381
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年01月07日 02時10分更新日時
(Last update)
2012年03月19日 16時18分
質問
(Question)
韓国の新聞『皇城新聞』の記事について。 
1899年9月23日付(何面かは不明)のフランス人の“ラボーテ”という人物が書いた記事は、何語で書かれているのか。また、簡単な内容を知りたい。
回答
(Answer)
『皇城新聞』縮刷版 第2巻(1899.5.-1899.12.)景仁文化社,1972,p.497.(当館請求記号Z99-AK31)を確認したところ、おたずねの記事は以下のものと思われます。

「別報 鬱陵島事況」『皇城新聞』1899.9.23,1面.

原文は韓国語です。
内容については、『皇城新聞記事索引集』(上)景仁文化社,1998,p.252.(当館請求記号Z99-AK31) に、「鬱陵島の状況 ; 鬱陵島の位置、物産、面積、人口、行政状況および日本人の現況そして租税納付状況を略述したもの」とあります。

また、「別報 鬱陵島事況」『皇城新聞』1899.9.23,1面. は、韓国の独立記念館が運営する韓国独立運動史情報システム( http://search.i815.or.kr/OrgData/OrgList.jsp?tid=ns&id=HS1899092301 )
のサイトで、原文を見ることができます。原文の閲覧には、専用のビューワーが必要です。

なお、同記事には、フランス人の「ラボーテ」という人物が書いたことが明記されていないようですが、大西俊輝著『日本海と竹島』東洋出版,2003,p.76.(当館請求記号GB73-H2) には、「フランス人で釜山税関使ラ・ボーテも、また国際監視の意味で同行した。/ラ・ボーテは、帰島の後、『皇城新聞』に、この鬱陵島についての記事を載せる(1899年9月23日付け記事)」とあります。

*インターネットの最終アクセス日は、2008年3月12日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
島根県竹島資料室;国立国会図書館調べ方案内「1945年以前発行の当館所蔵の朝鮮語新聞」
NDC
朝鮮  (221 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
皇城新聞
ラボーテ
竹島
独島
鬱陵島
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000050447解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!