このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-1260
事例作成日
(Creation date)
2010年11月27日登録日時
(Registration date)
2010年12月23日 12時32分更新日時
(Last update)
2015年03月29日 17時53分
質問
(Question)
ミゲル・ミノエスに関する郷土資料はないか。
回答
(Answer)
美濃国出身と推定される17世紀ごろのイエズス会司祭として『日本キリスト教歴史大事典』(教文館)には記載がある(下記回答プロセス参照)が、所蔵する郷土資料からは関連する記載を見つけられなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 県史や郷土関係の人名辞典、岐阜県人物文献索引等を参照するが、記載を見つけられず。

2 Wikipediaの記述で概要を確認。NDL-OPAC、CiNii、Webcat-Plusで関連資料を探すが、いずれも該当なし。

3 カトリック東京大司教区のウェブサイトに掲載されている、高木一雄「ペトロ・カスイ岐部神父の生涯」(東京教区ニュース 228号(2005年12月)~234号(2006年7月)に連載)に記載あり。元和6年 (1618) 春頃、ペトロ岐部らとともにローマに向ったとある。
http://www.tokyo.catholic.jp/text/diocese/rekishi/frkibeb.htm  2010年12月確認)

4  『岐阜・美濃キリスト教百年史』、『尾張と美濃のキリシタン』を参照するが、記載を見つけられず。

5 『日本キリスト教歴史大事典』(教文館,1988 一般:190.3/ニ)に「ミノエス・ミゲル」として項目あり(p.1364)。
-----以下引用-----
ミノエス・ミゲル 1591頃-1628.5.14 日本人イエズス会司祭。外国の史料にあるMinoesは出身地美濃を指すものと思われる。前歴は判明しないが、おそらくセミナリヨ卒業後、同宿になったのであろう。信仰を守るためにインドに逃れ、さらにインドのイエズス会士に勧められてポルトガルに渡り、エヴォラで4年間哲学を学んでM.A.を得た。1621年にローマへ行き、10月16日にイエズス会に入会。修練期間中、ローマのグレゴリアナ大学で神学の勉強を続け、26年司祭叙階。翌年ポルトガルに戻る。28年日本への帰途についたが、乗船したインド艦隊が出航後まもなく台風にあって引返した。その時の後遺症によりリスボンで死亡。ローマ・イエズス会文庫に、日本の布教法と日本人司祭の必要性に関する2通の自筆書簡が残っている。〔文献〕H.チーリスク『キリシタン時代の邦人司祭』1981 (H.チーリスク)
-----引用ここまで-----
※上記で紹介されている文献は所蔵せず。教文館より『キリシタン時代の日本人司祭』のタイトルで改訂版が刊行されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
キリスト教史.迫害史  (192 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000075922解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!