このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-024
事例作成日
(Creation date)
2017年12月10日登録日時
(Registration date)
2018年07月20日 19時04分更新日時
(Last update)
2018年09月21日 12時27分
質問
(Question)
悟りの境地と時間の感覚についてわかりやすく書いている資料を教えて欲しい。
回答
(Answer)
関連記述のある資料は見当たらなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 《国会図書館レファレンス協同データベース》( https://crd.ndl.go.jp/reference/  国会図書館)を〈悟り〉で検索する。
  103件ヒット。関連記事なし。

2 参考図書を〈悟り〉で検索する。

3 自館目録を〈悟り〉で検索する。

4 《Google ブックス》( http://books.google.co.jp/  Google)を〈仏教 & 悟りの境地 & 時間 & 感覚〉で検索する。
「名古屋大学大学院敎育発達科学研究科紀要 教育科学 第61巻 第1号」(名古屋大学大学院敎育発達科学研究科 2014)
「「成人期」にあるひとは「死」を忘れるほどに忙しくても、やはり横軸の時間として、過去の時間も未来の時間もこの瞬間に体験している。(中略)仏教ではこの「不死」の境地こそが「さとり」の境地であるとされている。」

〈その他確認済み資料〉
『岩波仏教辞典』(中村元〔ほか〕編 岩波書店 2002)
 p370-371「悟り さとり」該当記述なし。
『仏教・インド思想辞典』(高崎直道編 春秋社 1987)
 p137「さとりの境地」該当記述なし。
『悟りなき「悟り」への道』(窪田慈雲著 春秋社 2002)
『悟りの分析 仏教とユング心理学の接点 PHP文庫』(秋山さと子著 PHP研究所 1991)
『悟りと解脱 宗教と科学の真理について』(玉城康四郎著 法蔵館 1999)
『禅と唯識 悟りの構造』(竹村牧男著 大法輪閣 2006)
『ブッダの実践心理学 アビダンマ講義シリーズ 第7巻 瞑想と悟りの分析』(アルボムッレ・スマナサーラ[ほか]著 サンガ 2012)
『ブッダの実践心理学 アビダンマ講義シリーズ 第8巻 瞑想と悟りの分析』(アルボムッレ・スマナサーラ[ほか]著 サンガ 2013)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は、2017年12月10日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
悟り
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000238768解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!