このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030070
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D2005M1063
事例作成日
(Creation date)
2005/09/15登録日時
(Registration date)
2006年08月09日 02時13分更新日時
(Last update)
2006年08月09日 10時05分
質問
(Question)
図書館の略字として「くにがまえにカタカナのト」という文字が、いつ頃から使用されていたかや、由来などがわからないか。 
回答
(Answer)
 当館所蔵の文献1を確認したところ、701ページに「秋岡梧郎が創案した〓(くにがまえにト)を図書館を意味する記号として使用することがある。」との記載がありました。
「秋岡梧郎」をキーワードとして文献2を調査したところ、同書に収められている「学生カナ筆記法(抄)」(256ページ)にくにがまえにトの誕生の経緯が記されていました。なお『学生カナ筆記法』は文献3として出版もされています。
 
1.『図書館情報学ハンドブック』第2版 丸善 1999年 (UL2-G9)
2.『秋岡梧郎著作集 : 図書館理念と実践の軌跡』 日本図書館協会 1988年 (UL11-E10)
3.『学生カナ筆記法』秋岡梧郎著 あきたに書房 1982年(KF47-E4) p.41ページにくにがまえにトの説明があります。 (  )は当館請求記号
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
図書館学に関する入門書、エッセイなどの目次。記述なし。
googleにて「くにがまえ 図書館」などのキーワードで検索、略語が使われていることは判るが、由来は不明。
Wikipediaにも記述なし。 
レファレンス協同データベースでも、「くにがまえ 図書館 略字」などで検索して、ヒットなし。
NDC
図書館.図書館情報学  (010 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
図書館用語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
大学図書館
登録番号
(Registration number)
1000030070解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!