このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-188
事例作成日
(Creation date)
2014年05月05日登録日時
(Registration date)
2014年07月16日 11時34分更新日時
(Last update)
2014年07月30日 12時45分
質問
(Question)
宮沢賢治作品『なめとこ山の熊』に出てくる言葉の読みについて。

作品の冒頭五段落目「木がいっぱい生えているから谷を遡っていると……」の部分の「から谷を」は、「~だから、谷を」なのか、「カラタニ(ダニ)」という場所なのか、それによって読みも違ってくる。「から谷」の読みについて、宮沢賢治の研究書などに記載はないだろうか。
回答
(Answer)
『宮沢賢治学会イーハトーブセンター会報 第27号』に〈『なめとこ山の熊』両義的読み〉と題する天沢退次郎氏の論文が掲載されている。(掲載頁p22~23)

(一部抜粋)
「なめとこ山の熊」は生前未発表。ただ一種の草稿が残っていて……読点も改行もきわめて少ない、長大なセンテンスが、……物語の切迫感、作者のテンションの高さ等に対応している……。
十字屋版(全集本)は漢字を使って《木がいっぱいはえている空谷(からだに)を遡っていると》 31年版以後は草稿通り《木がいっぱい生えているから谷を溯っていると》となって、「いるから」でちょっと切って「谷(たに)を」と読み継ぐのが自然と考えられているらしいことが……推測される。しかし、「空谷」を「からだに」でなく「からたに」と、濁らず読むことも不可能ではない。とすれば、両義性を保ったままの朗読も、工夫次第で可能となる。
回答プロセス
(Answering process)
・当館宮沢賢治関連資料書架をブラウジング。
・直筆原稿を所蔵し、賢治関連調査研究をされている宮沢賢治記念館に問い合わせる。
事前調査事項
(Preliminary research)
朗読CD、テープで作品を聞いたところ『草思社CDブック 長岡輝子宮沢賢治を読む なめとこ山の熊』では「理由としての~だから」という読み。『新潮社カセットブック 宮沢賢治 ―カイロ団長 なめとこ山の熊―』では「カラサワ」という場所としての読み方だった。
NDC
逐次刊行物.一般年鑑  (05)
参考資料
(Reference materials)
『宮沢賢治学会イーハトーブセンター会報 第27号』宮沢賢治学会イーハトーブセンター∥出版 2003年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000098998-00 )
キーワード
(Keywords)
宮沢賢治
なめとこ山の熊
からたに(から谷・空谷)
センテンス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
宮沢賢治記念館
〒025-0011 岩手県花巻市矢沢1-1-36
電話 0198-31-2319
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000156218解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!