このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000269409
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域605
事例作成日
(Creation date)
2019年11月20日登録日時
(Registration date)
2019年11月29日 13時02分更新日時
(Last update)
2019年11月29日 13時05分
質問
(Question)
四倉町上柳生の昭和10年頃の世帯数や人口が知りたい。
回答
(Answer)
四倉町上柳生は、昭和10年当時は大野村の大字でした。昭和10年の人口統計は見当たりませんでしたが、参考資料として以下の資料をご紹介します。

【資料①】『磐城郡村誌7』(大須賀次郎 1878)
 「上柳生村誌」を含み、明治9年1月1日調査の戸数、人口が掲載。これによると、戸数は25戸、人口は145人(男68人、女77人)
【資料②】『日本歴史地名大系7 福島県の地名』(平凡社 1993)
 P185に「上柳生村」の項に、明治13年の家数19戸、人口120人とある。
【資料③】『角川日本地名大辞典7 福島県』(角川書店 1981)
 P283に「上柳生」の項あり、明治20年の戸数28戸、人口121人とある。
【資料④】『四倉史学会会報 第5集』(四倉史学会 1964)
 P12「調査報告-上柳生-」に、上柳生地区についての歴史や人口構成などに関する記述があった。これによると、本書発行当時の昭和39年の戸数は23戸、人口142人とあった。
 なお、本調査報告によると、上柳生地区は土着者が多く移住者のいない地区で、地区の構成は明治以前のままに近い、との記述があった。
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
上記回答のとおり。
なお、大野村の人口統計については、以下の資料に記述がありました。
・『郷土誌 大野第二小学校明治44年』[K/210.1-1/キ-M]
 「第五章 戸口」に、明治35年から大正15年の戸数と人口が掲載。
・『国勢調査報告 昭和10年第3巻』[K/358/コ]
 昭和10年の国勢調査だが、大野村全体の人口統計のみ。
・『大野村勢要覧 1952』[K/318.27/オ]
 P6に昭和27年10月現在の「柳生」の世帯数と人口が掲載されているが、これは上柳生と下柳生の合計数と思われる。

この他、地域資料コーナー「350 統計」の書架も確認したが、該当資料は見当たりませんでした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
日本  (291 9版)
統計  (350 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『磐城郡村誌 7』[K/291/イ・1110092010]
【資料②】『日本歴史地名大系7 福島県の地名』[K/291/ニ・1110093240]
【資料③】『角川日本地名大辞典7 福島県』[K/291/カ・1114110735]
【資料④】『四倉史学会会報 第5集』[K/210.0-1/ヨ・1111997258]
キーワード
(Keywords)
四倉町上柳生 よつくらまち かみやぎゅう
人口 統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000269409解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!