このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立西部図書館 (2120003)管理番号
(Control number)
千県西-2017-0009
事例作成日
(Creation date)
2017年02月23日登録日時
(Registration date)
2017年08月31日 10時15分更新日時
(Last update)
2017年08月31日 10時15分
質問
(Question)
過去数年分の金価格、特にコインの売買価格の推移がわかる年鑑はないか。
(コインは記念硬貨などではなく、地金型のもの)
回答
(Answer)
年鑑では見つからなかったが、「田中貴金属工業株式会社ホームページ」(URL: http://gold.tanaka.co.jp/index.php )を紹介。
「需給レポート」(URL: http://gold.tanaka.co.jp/statistics/index.html )では、
【資料1】『Gold Survey日本語ダイジェスト版』が2004年版から2016年版まで見ることができる。
2016年版を見ると、p13「価格と市場の見通し」に「実質金価格および名目金価格(米ドル/oz)」のグラフなどあり。
サイトではコインの推移は記載が見当たらないが、参考までに平成29年2月23日時点のウィーン金貨ハーモニー/メイプルリーフ金貨1オンスについて、
税込小売価格165,084 円、税込買取価格151,066円と回答。
コインの価格については、他にも石福金属興業( https://www.ishifuku.co.jp/market/price/ )、徳力本店( http://www.tokuriki-kanda.co.jp/goldEtc/#terminal )、三菱マテリアル( http://gold.mmc.co.jp/market/gold-price/index.html#footer )等で当日の相場を確認することができます。


コインのみの推移は販売店にもパンフレット等の用意がないことはご本人が確認ずみのため、資料が見つからないことに納得された。

(インターネット最終アクセス:平成29年7月22日)
回答プロセス
(Answering process)
国立国会図書館サーチの簡易検索でキーワード「金価格」で検索すると、調べ方案内「国際統計書:総合」と「時計・宝飾(ジュエリー)産業について調べるには(統計・名鑑・インターネット情報源等)」がヒット。
調べ方案内「国際統計書:総合」より、
『海外経済データ』(内閣府 月刊)(市販版はダイワから刊行)に毎号掲載されているデータとして「為替レート・金価格」あり。千葉県立東部図書館で平成26年2月号まで所蔵。その号を見るとp127に2000年から2013年までの年平均、2010年から4ヵ年の四半期平均、月平均価格が掲載されている。

また、調べ方案内「時計・宝飾(ジュエリー)産業について調べるには(統計・名鑑・インターネット情報源等)」より、『Platinum. Interim review. -- 日本語版』(田中貴金属工業 年刊)と「田中貴金属工業株式会社ホームページ」の2つの情報を得、「田中貴金属工業株式会社ホームページ」を紹介。

以下の資料には見当たらず。
『日本統計年鑑』(総務省統計局 総務省統計局 2016)
『世界統計年鑑』(国際連合統計局 原書房 2011)
『物価指数年報』(日本銀行調査統計局 サンパートナーズ 2013)
『株価総覧』(東洋経済新報社 2016)
『鉱工業指数年報』(経済産業統計協会 経済産業統計協会 2016)
『日本貨幣カタログ』(日本貨幣商協同組合 日本貨幣商協同組合 2014)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貨弊.通貨  (337 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『Gold Survey日本語ダイジェスト版』(田中貴金属工業)
キーワード
(Keywords)
貨幣
コイン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
資料調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000221264解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!