このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00676
事例作成日
(Creation date)
2013年10月29日登録日時
(Registration date)
2014年01月15日 16時55分更新日時
(Last update)
2014年02月24日 11時09分
質問
(Question)
マレーシアの土地利用について知りたい。
具体的には、1970年から現在までの、森林(人口林・天然林)の面積、耕地(水田・林)の面積など、半島部と島部で分かれて載っているものはあるか知りたい。
回答
(Answer)
データなど継続して載っている資料、土地の細かい分類が載っているは見つからず。
単年、大まかな土地分類が載っているウェブサイトは次のとおりあった。

(1)江頭和彦「インドシナ及び周辺諸国の農業人口,土地利用,穀物生産統計」『九州大学大学院農学研究院学芸雑誌』57巻1号 p.99~108
この論文は日本農学文献記事索引の中で閲覧できる。
http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010672095
p.102 表2 土地利用(1985~1998)があり、1985年、1990年、1995年、1998年
のマレーシアの総面積、土地面積、耕地面積、永年作物地面積がわかる。

(2)「第3章 マレーシアの農業・農業政策」農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokusei/kaigai_nogyo/k_syokuryo/h23/pdf/asia03.pdf
p.94 図表3-1-6 国土の利用状況 として、1994年、1999年、2004年、2009年の国土総面積、耕地、永年作物地、森林、その他の面積がわかる。
p.104図表3-1-19 コメの作付面積と生産状況 として、2006年から2010年までの各年の水稲(表作・裏作)、陸稲、マレーシア全体の作付面積が、半島、サバ州、サラワク州に分かれて載っている。
p.111図表3-1-31 野菜の作付面積・生産量 として、2005年から2010年までの各年の野菜の作付面積が、半島、東マレーシアに分かれて載っている。
p.112図表3-1-32 野菜の作付面積・生産量の州・地域別内訳(2010年推計) として、作付面積が州、地域ごとに載っている。
p.116図表3-1-37 マレーシアの地域別森林面積 として、2000年、2005年、2007年、2008年、2009年、2010年の森林面積が、半島、サバ州、サラワク州について載っている。

(3)農林水産省 マレーシアの農林水産業概況
http://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokusei/kaigai_nogyo/k_gaikyo/mas.html
2011年の農地の状況として、農用地、耕地、永年作物地、永年採草・放牧地の面積が載っている。

(4)国際連合食糧農業機関の『世界食料農業白書』のページ
http://www.fao.or.jp/publish/resource/select_category/7.html
2006年報告では、p.216に表A5 土地利用指標として、マレーシアの総土地面積、森林・林地面積、農地面積、耕地、永年作物地、永年牧草地、灌漑面積が載っている。
2007年報告では、p.240に表A2として、マレーシアの土地面積、耕地、永年作物、牧草地の面積が載っている。

(5)「アジア地域等の地域政策に係る動向分析及び支援方策等に関する調査 マレーシアの国土政策事情」 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/international/spw/report/1103_malaysia.pdf
p.29に、(1)地域ごとの土地利用の変化 として、2001年と2008年の地域ごとの市街地、農業、森林、水域の面積が載っている。

(6)『東南アジアの経済開発と土地制度』水野 広祐/編 アジア経済研究所 1997
http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Books/Sousho/477.html
第7章 マレーシアにおける経済発展と土地問題の変質 の中で、p.245に 表7 半島マレーシアにおける土地利用変化(1966~82年)があり、1966年、1974年、1982年の地域ごとの森林、農業、非農業、沼地・他の面積が載っている。
回答プロセス
(Answering process)
・統計書を見る。
  『世界統計白書 2013年版』木本書店・編集部/編集 木本書店 2013
    p.241 森林の面積
  『世界の統計 2013』 総務省統計局/[編] 総務省統計局 2013
    p.5  森林の面積
    p.92 農用地面積(陸地面積・耕地・永年作物地の面積)がわかる。
  『世界食料農業白書 2006年版』 国際連合食糧農業機関/編集 国際食糧農業協会 2006
    p.254に土地利用指標(林地面積、農地面積、耕地、永年作物、永年牧草地…)あり。

・GeNiiで“マレーシア&土地利用”検索
  「インドシナ及び周辺諸国の農業人口、土地利用、穀物生産統計」『九州大学大学院農学研究院学芸雑誌』57(1),p.99-108,2002-10-00
     http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010672095 (2014.1.15最終確認)

・マレーシアについての本を見る。
  『東南アジアを知る事典』 桃木 至朗/編集 平凡社 2008
    p.606~614 マレーシア
    p.678~   文献案内
    p.696~697 サイト案内
  『東南アジア要覧 1991年版』 東南アジア調査会/編 東南アジア調査会 1991
    p.5-1~5-58 マレーシア
     p.5-27 ④林業・漁業
           国土の60.1%2,010万haが熱帯雨林。植林を加えると国土の74%。
           このうち西マレーシア620万ha、サラワク州940万ha(総面積75%)、サバ州450万ha(総面積の60%)。
           このうち恒久林として1.274万haが指定、そのうち894万haは生産林、380万haは保護林。とあり。

・インターネットで“マレーシア&森林&耕地&土地利用”で検索
 「第3章 マレーシアの農業・農業政策」農林水産省
   http://www.maff.go.jp/j/kokusai/kokusei/kaigai_nogyo/k_syokuryo/h23/pdf/asia03.pdf
  p.94 図表3-1-6 国土の利用状況 として、1994年、1999年、2004年、2009年の国土総面積、耕地、永年作物地、森林、その他の面積がわかる。
  p.104図表3-1-19 コメの作付面積と生産状況 として、2006年から2010年までの各年の水稲(表作・裏作)、陸稲、マレーシア全体の作付面積が、半島、サバ州、サラワク州に分かれて載っている。
  p.111図表3-1-31 野菜の作付面積・生産量 として、2005年から2010年までの各年の野菜の作付面積が、半島、東マレーシアに分かれて載っている。
  p.112図表3-1-32 野菜の作付面積・生産量の州・地域別内訳(2010年推計) として、作付面積が州、地域ごとに載っている。
  p.116図表3-1-37 マレーシアの地域別森林面積 として、2000年、2005年、2007年、2008年、2009年、2010年の森林面積が、半島、サバ州、サラワク州について載っている。


・国会図書館WARPで“マレーシア&土地利用&統計&農地”で検索
  『東南アジアの経済開発と土地制度』 水野 広祐/編 アジア経済研究所 1997
   この資料は当市では所蔵していないが、ジェトロのホームページの出版物のところで全文見られる。
    http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Books/Sousho/477.html (2014.2.14最終確認)
    p.225~  第7章 マレーシアにおける経済発展と土地問題の変質
    p.245 表7 半島マレーシアにおける土地利用変化(1966年~1982年)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
農業経済・行政・経営  (611 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
マレーシア
土地
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000143349解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!