このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000203150
提供館
(Library)
ポーラ化粧文化情報センター (4310007)管理番号
(Control number)
POLA-2016-51
事例作成日
(Creation date)
2012年05月08日登録日時
(Registration date)
2016年12月14日 09時41分更新日時
(Last update)
2016年12月14日 09時54分
質問
(Question)
人工毛髪のかもじはいつ頃からあるのか
収蔵品のなかに「人工毛」と書かれた根髢(ねかもじ)がある。制作年代を特定するために、人工毛髪がいつ頃からあるのか知りたい
回答
(Answer)
1960年頃、アメリカで合成繊維の髪の毛が開発された。日本では1961(昭和36)年に化繊が研究開発され、1964(昭和39)年には商品化されたが、流行には至らず。普及は1970年代に入ってから
回答プロセス
(Answering process)
『化粧品と美容の用語事典』の「かもじ」「かつら」「ウィッグ」「ヘアピース」「義毛」→情報なし
Cox. An illustrated dictionary of hairdressing and wig-making.「artificial hair」→情報なし
『欧米理容美容の歴史』→情報なし
『西洋髪型図鑑』→はっきりした情報なし
『現代髪学事典』に回答の情報あり
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
理容.美容  (595)
参考資料
(Reference materials)
竹村功 著 , 竹村, 功, 1942-. 化粧品と美容の用語事典. あむすく, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007665467-00 , ISBN 4900621242
R.T.ウィルコックス/著 , R.T.ウィルコックス/著. 欧米理容美容の歴史 : 副読本. 日本理容美容教育センター, 1998.
リチャード・コーソン/著 , 藤田 順子/訳 , リチャード‖コーソン , 藤田‖順子. 西洋髪型図鑑. 東京書房社, 1976.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I012792461-00
高橋雅夫編集. 現代髪学事典. NOW企画, 1991. (p52-55. 益子達也「日本のかつら史」)
キーワード
(Keywords)
かつら
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
資料館からの問い合わせ
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人 団体
登録番号
(Registration number)
1000203150解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!