このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000048168
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M08031210284897
事例作成日
(Creation date)
2008/02/03登録日時
(Registration date)
2008年10月18日 02時17分更新日時
(Last update)
2019年12月19日 00時31分
質問
(Question)
江戸時代、庄屋が藩の役人等を接待した時の料理はどんなものだったか。献立など書いてあるものを見たい。
回答
(Answer)
庄屋の生活を記述した資料のうち、日記類に役人や藩の重臣へのもてなしの献立が書かれたものがあった。成松佐恵子著『庄屋日記にみる江戸の世相と暮らし』ミネルヴァ書房,2000,p.145-150.では美濃国西条村西松家が、文化3(1806)年に宗門改め役人を接待した献立がある。秀村選三校註・解題代表『筑前国宗像郡吉田家家事日記帳』文献出版,2002,では当家に宿泊した武士への接待が記されている。また、矢掛町史編纂委員会編纂『矢掛町史 本編』矢掛町,1982,p.821-829.には,矢掛宿本陣でのもてなしが記されている。いずれも接待の手順についての解説もある。矢掛宿本陣での休泊の実際についての詳細は,原田伴彦ほか編『日本都市生活史料集成 8 宿場町篇』学研,1982,に「宿方御休泊留」p.494-578.の全文が収録されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
参考資料
(Reference materials)
成松佐恵子著『庄屋日記にみる江戸の世相と暮らし』ミネルヴァ書房,2000,p.145-150. 秀村選三校註・解題代表『筑前国宗像郡吉田家家事日記帳』文献出版,2002. 矢掛町史編纂委員会編纂『矢掛町史 本編』矢掛町,1982,p.821-829. 原田伴彦ほか編集『日本都市生活史料集成 8 宿場町篇』学研,1982,p.494-578.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2008031210221484897
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000048168解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!