このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001045272
事例作成日
(Creation date)
2020/07/19登録日時
(Registration date)
2020年09月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年09月16日 00時30分
質問
(Question)
中国の星座「河鼓」について知りたい。
回答
(Answer)
「河鼓」は西洋星座わし座の一部の中国名で、わし座のα星(アルタイル)、β星(アルシャイン)、γ星(タラゼット)をあわせて「河鼓三星」と呼びます。
以下の資料に記述があります。


・『星の文化史事典』(出雲晶子/編著 白水社 2019.12)
「河鼓」の項に次の記述があります。(p.111)
「中国の星座で、西洋星座ではわし座の一部。意味は天の川にある鼓、軍用楽器。」

・『星の事典』(鈴木駿太郎/著 恒星社厚生閣 1968)
「3.夏の星」「わし(鷲)座」(p.174-177)に次の記述があります。
「河鼓その他漢名」の項(p.176)
「“河鼓三星”は、β、α、γをいう。α星アルタイルを“大将軍”と見た場合、β星を“左将軍”、γ星を“右将軍”(ゆうしょうぐん)という。β星を“左星”、γ星を“右星”(ゆうせい)と呼ぶこともある。」

α星、β星、γ星については、次の記述があります。
「α Aql アルタイル Altair」の項(p.175)
「アラビヤ語でal-tailは「飛ぶわし」の意。一に“Atair”ともいう。和名“彦星”、七夕の“牽牛(けんぎゅう)星”として古くから親しまれて来た星で、漢名では牽牛のほか“河鼓二”でもある。(中略)光度0.9(0.91)等、スペクトルはシリウスに似てA5型の主系列星。地球に近い恒星としても知られ、視差0.208"で、その距離は15.7光年。実光度は太陽の約10(9.3)倍あるといい、温度も9,000度に近い高温度星である。(後略)」
「β Aql アルシャイン Alshain」の項(p.175-176)
「英語読みはアルシェーン。一にAlshairnとも綴る。アラビヤ語al-shainは「はやぶさ」の意。光度は3.9等。漢名は“河鼓三”でありそのアルタイルに対する位置から“左星”、“左将軍”とも呼ばれる。」
「γ Aql タラゼット Tarazed」の項(p.176)
「高度2.8等、スペクトルK3型の輝巨星。漢名は“河鼓一”であり、“右星”、“右将軍”ともいう。」

また、「わし座の星 二」の図が掲載されており、その中に「河鼓」が記され、わし座の中のどこに位置しているかを確認することができます。(p.176)


・『中国の星座の歴史』(大崎正次/著 雄山閣 1987.5)
「中国星座名義考」(p.141-192)に「河鼓」の項があり、その意味について詳しい記述があります。(p.145-146)
「鼓は太鼓、河は天の川にひたる、天の川の中にあるという意味か。鼓は単なる楽器ではなく、軍隊を指揮する号令として、また軍隊の士気を奮い立たせる軍隊用の兵器のひとつである。(後略)」
また、わし座の図が掲載されており、その中に「河鼓」が記され、わし座の中のどこに位置しているかを確認することができます。(p.145)

[事例作成日:2020年7月19日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
恒星.恒星天文学  (443 10版)
参考資料
(Reference materials)
星の文化史事典 増補新版 出雲/晶子‖編著 白水社 2019.12 (111)
星の事典 鈴木/駿太郎∥著 恒星社厚生閣 1968 (174-177)
中国の星座の歴史 大崎/正次∥著 雄山閣 1987.5 (145-146)
キーワード
(Keywords)
星座(セイザ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000287201解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!