このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000043371
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-093
事例作成日
(Creation date)
2007/05/18登録日時
(Registration date)
2008年04月04日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年11月20日 11時45分
質問
(Question)
『熊谷次郎直実一代』(熊谷市立図書館 1998)p39、41に掲載されている「熊谷状」(直実の送り状)と「経盛返状」(平経盛の返し状)の直筆の書状は、現在どこに所蔵されているのか。
回答
(Answer)
出典資料には、寿永3年(1148)一ノ谷の戦いで、若武者敦盛を打ったことに戦さの無情を感じた熊谷次郎直実が、敦盛の父経盛に送った「お詫びの書状(熊谷状)」と、そのお礼の手紙である「平経盛の返し状(経盛返状)」が掲載されている。
下記資料に「「経盛返状」は浄土宗蓮生山熊谷寺に宝物として寄託・・」と記述があり、直接問い合せ、その結果〈非公開で収蔵するが直筆の書状である確証はない〉との回答を得る。また「直実状」は平家物語作者の創作で、書状の交換はなかったとする説も散見する。
詳細については、以下の資料を紹介する。
郷土資料から
①『熊谷直実 法然上人をめぐる関東武者 1』(東方出版 1991)
p40-43「直実・経盛往復書状」の項に、質問の文章と同じ書状が引用され、「手紙の実物が熊谷市の熊谷寺宝物館にあると聞き訪ねたが、見ることは叶わなかった」と記述あり。
②『復刻熊谷蓮生一代記』(熊谷市立図書館 2000)
p304-306に、少し異なるが書状の本文があり、本文末に「此返状武州蓮生院熊谷寺にある」と記述あり。
③『蓮生山熊谷寺開創略縁起』(熊谷寺)
p7「当山常什霊宝目録」中に〈参議経盛卿筆一通〉とあり。
④『熊谷次郎直実 法力房蓮生法師の研究』(熊谷市立図書館 2003)
p249-250に〈送状・返状〉の読み下し文、p250の註に〈経盛返状 熊谷寺に寄贈〉、p253に〈寺宝 平経盛返状〉とあり。
p326には「〈直実状〉であるが、これは平家物語作者の創作であろうが・・・何か類する事実があったのではないかとの説がある(略)」と記述あり。 
⑤『中世武蔵人物列伝』(埼玉県立歴史資料館 2006)
「熊谷直実」の項p85に〈経盛返し状〉は現在も高野山(和歌山県)の熊谷寺(くまがやじ)に保管と記述があるが、資料④では、高野山知識院に納めてから熊谷市熊谷寺に寄贈とある。
⑥『埼玉の寺 3』
p56-57「熊谷寺 当山什宝」に〈経盛返状〉あり。出典の「増補忍名所図会」(『埼玉叢書 2』所収)p75に同記述あり。
⑦『熊谷法力房蓮生法師』(1987)
p56-58に直実と経盛の手紙文掲載あり。
p210の資料10「直実の送り状と平経盛の返し状」に〈読み物系「平家物語」「源平盛衰記」は漢文体で記されているが、各平家物語異本により多少の加筆、修正があり記述に差異あり〉と記載あり。
典拠資料から
⑧『日本教育文庫 教科書篇』(日本図書センター)
p106-117「古状揃」の項p112-114に、出典資料と同内容の活字版〈熊谷状〉〈経盛返状〉があるが、原書の所蔵先等の解説なし。
⑨『往来物大系 43』(大空社)
江戸前期刊「新版古状揃」「古状揃」収載、〈熊谷状・経盛返状〉の本文・付訓があるが所蔵先等の解説なし。
⑩『往来物大系 46』(大空社)
「絵図注入新古状揃大成」(江戸後期刊)に〈熊谷状・経盛返状〉の本文・挿絵・訓読文があるが所蔵先等の解説なし。「熊谷送状」(熊谷状・経盛返状)(1650年刊)の本文があり、〈源平盛衰記 38〉より抜き出したものと解説にあり。
⑪『有朋堂文庫 17 源平盛衰記 下』
p433-436(第38巻)に〈熊谷送敦盛頸竝返状事〉とあり。
回答プロセス
(Answering process)
出典『熊谷次郎直実一代』に記載されている典拠資料「日本教育文庫 古状揃」を調べる。
『日本教育文庫 別冊総索引』の書名索引から、『日本教育文庫 教科書編』に収載〈熊谷状〉〈経盛返状〉が見つかるが、原文書の所蔵に関する記述なし。
『国書総目録 2』p677「熊谷状」の項には、所蔵先が数か所あるが江戸期の版本。
『同資料 3』p455「古状揃」の項にも、寛永2年写本が国会図書館等に、江戸期の版本が複数大学図書館等に所蔵とあり、活字本は上記『日本教育文庫 教科書篇』と記述がある。京都大学図書館谷村文庫、東京学芸大学付属図書館持月文庫往来物目録のWebサイトで画像が見られる。
その他、『有朋堂文庫 17 源平盛衰記 下』等にもあたるが、いずれも原書の所蔵先はわからない。
次に熊谷直実関係の郷土資料を探索する。
『熊谷直実 法然上人をめぐる関東武者 1』『復刻熊谷蓮生一代記』等に書状が掲載され、熊谷市熊谷寺(ユウコクジ)に〈経盛返状〉が保管されているとの記述が見つかった。
また《蓮生山熊谷寺》Webサイトには「寺宝として(中略)蓮生の孫熊谷伊豆守直之が請い受けて、後、当寺院に寄託。・・・寿永3年(1184)2月平経盛より礼文が届く、当寺什物(宝物)〈経盛返状〉」とあり。
直接「熊谷寺」に問い合わせて確認する。非公開で収蔵するが、今のところ直筆書状の確証はないとの回答。
なお『平家物語 巻第7-12 灌頂巻』p235の頭注には「延慶本(延慶2~3年に書写)には直実が敦盛の父経盛に手紙を送り、その返事があったという箇所はない」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
日本史  (210 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『熊谷直実 法然上人をめぐる関東武者 1』(東方出版)
『復刻熊谷蓮生一代記』(熊谷市立図書館発行)
『蓮生山熊谷寺開創略縁起』(熊谷寺)
『熊谷次郎直実 法力房蓮生法師の研究』(熊谷市立図)
『中世武蔵人物列伝』(埼玉県立歴史資料館)
『埼玉の寺 3』(埼玉新聞社)
『埼玉叢書 2』
『熊谷法力房蓮生法師』(熊谷法力房蓮生法師奉賛会)
『日本教育文庫 教科書篇』(日本図書センター)
『往来物大系 43、46』(大空社)
『有朋堂文庫 17 源平盛衰記 下』
キーワード
(Keywords)
熊谷 直実(クマガイ ナオザネ)
平 経盛(タイラノ ツネモリ)
熊谷寺(ユウコクジ)-熊谷市-埼玉県
史料 
郷土資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
熊谷市蓮生山熊谷寺(ユウコクジ)(電話:048-521-0251)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000043371解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!