このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000107946
提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-901-1
事例作成日
(Creation date)
2012年06月27日登録日時
(Registration date)
2012年06月28日 13時54分更新日時
(Last update)
2012年06月28日 13時54分
質問
(Question)
歌舞伎の興業が江戸時代に「日千両」といわれるほど隆盛していたが、「日千両」の意味を知りたい。
回答
(Answer)
『絵でよむ江戸のくらし風俗大事典』(棚橋 正博/柏書房/2004)のp244~247に記載あり。
歌舞伎は午前6時から午後6時までおよそ12時間が費やされるのが普通で、手間のかかる娯楽だった。
上等席で見物するためには芝居茶屋を通さねばならず、高額な費用がかかった。
舞台が終わったらひいきの役者に会うこともでき、一日に莫大な金が使われるので「日千両」という言葉になった。
とのこと。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
日千両
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
一般男性
登録番号
(Registration number)
1000107946解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!