このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000096265
提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-818
事例作成日
(Creation date)
2011年11月05日登録日時
(Registration date)
2011年11月05日 13時21分更新日時
(Last update)
2011年11月05日 13時21分
質問
(Question)
a)「ニッポン人の暮らしの統計 生活者アンケート編」(日本能率協会総合研究所/生活情報センター/2005)の新しい版はあるか。
b)最近の日本人の海外旅行者数を知りたい。
c)日本人がよく行く海外旅行先を知りたい。
d)日本人の休暇の取得実態を知りたい。
e)国が推奨している休暇日数を知りたい。
回答
(Answer)
a)「ニッポン人の暮らしの統計 生活者アンケート編」(日本能率協会総合研究所/生活情報センター/2005)の
  新しい版は発行されていないようだ。
b)最近の日本人の海外旅行者数
 『日本国勢図絵2011-2012』のp457
 『レジャー白書2011』のp160
 『観光白書平成23年版』のp39(年ごとの推移)、p40(月ごとの推移) に掲載されていた。
c)日本人がよくいく海外旅行先
 『日本国勢図絵2011-2012』のp457
 『観光白書平成23年版』のp146 に掲載されていた。
d)日本人の休暇の取得実態
 『観光白書平成23年版』のp115
 『レジャー白書2011』のp145 に掲載されていた。
e)『六法全書平成23年版2』のp4194(労働基準法第35条)~4196(同法第39条)
 『労働基準法の基本がわかる事典』のp102~117に掲載されていた。
 厚生労働省HPにも記載があったが、図書資料を希望されたので上記2点を提示。
回答プロセス
(Answering process)
a)Tooli検索をしたところ、2005年版より新しいものは発行されていないようだった。
 著者の日本能率協会総合研究所のHPで最近の調査結果が掲載されていたが、
 質問者の知りたい内容は未掲載だった。

b)~e)は参考図書を使い調査。
それぞれ上記の回答にたどり着いた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
生活.消費者問題  (365 8版)
交通政策.行政.経営  (681 8版)
参考資料
(Reference materials)
『日本国勢図絵2011-2012』(矢野恒太記念会/2011)
『観光白書平成23年版』(国土交通省観光庁/日経印刷/2011)
キーワード
(Keywords)
観光
休暇
統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般女性
登録番号
(Registration number)
1000096265解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!