このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐賀県立図書館 (2110026)管理番号
(Control number)
くすかぜ-8
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2008年10月21日 15時55分更新日時
(Last update)
2008年12月24日 17時33分
質問
(Question)
有明海が以前、何と呼ばれていたかを知りたい。
回答
(Answer)
佐賀・長崎・福岡・熊本の4県に囲まれた内海である有明海は、明治時代に「有明沖」「筑紫海」「筑紫潟」と辞典等に表記され、「有明海」の名称が初めて記されたのは、明治時代後半です。また、佐賀地方の沿岸に住む人々は、「前海」とも呼んでいました。有明海は古代から不知火(しらぬひ)の出る神秘な海として知られ、「日本書紀」や「肥前風土記」などにもその存在が記されています。そして、「万葉集」の歌にも、「白縫」「斯良農比」「之良奴日」と書く「しらぬひ」は、いずれも筑紫の枕詞として使われています。
 
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史  (2 9版)
参考資料
(Reference materials)
佐賀県の地名 (著者名なし) 平凡社  1980年3月 (資料コード130101827
請求記号 S/290.3/N77 )
佐賀地名うんちく事典  福岡博  佐賀新聞社 2005年2月 (資料コード113975239
請求記号 291.03/F82 )
角川日本地名大辞典 41 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 角川書店 1982年3月 (資料コード111556825
請求記号R/291.03/KA14 /41 )
佐賀県大百科事典 佐賀新聞社佐賀県大百科事典編集委員会 佐賀新聞社 1983年8月 (資料番号111561577
請求記号LR/031/SA15 )
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000048262解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!