このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000200285
提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2016-11221-般
事例作成日
(Creation date)
2016年11月22日登録日時
(Registration date)
2016年11月22日 18時38分更新日時
(Last update)
2016年12月02日 13時41分
質問
(Question)
拾石訓唖義塾とそれを作った木俣峯吉、成瀬文吾について知りたい。
回答
(Answer)
拾石訓唖義塾は明治31年に宝飯郡塩津村大字拾石(現 愛知県蒲郡市拾石町)に全国で3番目に創立された聾唖者のための学校である。木俣峯吉は義娘かよのために拾石訓唖義塾をつくった。成瀬文吾は教育に力を注いだ人物であり、校長退職後、請われて拾石訓唖義塾の塾長となるが、1年半あまりで志半ばにして病に倒れた。その後拾石訓唖義塾は、東京盲唖学校の吉川金造を迎えて豊橋に場所を移し「私立豊橋盲唖学校」として再出発した。
上記は『吉川金造伝』『愛知県立豊橋聾学校八十年史』による。これ以上詳しい記述の載っている資料は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1、既に調べられている資料『吉川金造伝』『拾石村誌 全壱巻』『蒲郡市史 本文編3』『愛知県特殊教育のあゆみ』『がまごおり風土記』『愛知県教育史 資料編 近代2』『愛知県立豊橋聾学校八十年史』以外を探す。
2、「拾石訓唖義塾」「木俣峯吉」「成瀬文吾」をキーワードに検索。
3、「成瀬文吾」のみ検索できた。a『蒲郡の人』p4から蒲郡高等小学校(現在の蒲郡市立蒲郡南部小学校)長であったことがわかったので、b『蒲南百年』をみる。bのp22,27、付表6,7から在職期間がわかった。
4、拾石訓唖義塾のある拾石町が塩津にあることからc『塩津村誌』をみる。p293には、設立と規則、木俣峯吉についての記載がある。
5、拾石訓唖義塾が学校であることから、d『愛知県教育史 第3巻』をみる。
事前調査事項
(Preliminary research)
『吉川金造伝』『拾石村誌 全壱巻』『蒲郡市史 本文編3』『愛知県特殊教育のあゆみ』『がまごおり風土記』『愛知県教育史 資料編 近代2』『愛知県立豊橋聾学校八十年史』は既に調べている。
NDC
個人伝記  (289 9版)
幼児.初等.中等教育  (376 9版)
障害児教育[特別支援教育]  (378)
参考資料
(Reference materials)
蒲郡の人,蒲郡市教員会/編集,蒲郡市教員会,1964
蒲南百年,蒲郡市立蒲郡南部小学校/著,蒲南100年記念事業実行委員会,1975
塩津村誌,鋤柄 渡/編著,塩津村誌刊行会,1998.4
キーワード
(Keywords)
拾石訓唖義塾
木俣峯吉
成瀬文吾
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000200285解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!