このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-20-006
事例作成日
(Creation date)
2020年04月17日登録日時
(Registration date)
2020年05月01日 15時19分更新日時
(Last update)
2020年06月11日 09時28分
質問
(Question)
明治初期にイタリアへ蚕種を直輸出した長野県の大谷幸蔵(おおたに こうぞう)について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

1 『蚕界偉人 大谷幸蔵』 尾崎章一著 大日本蚕糸会 1914 【N289/おおた】
  国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されている。【最終確認2020.4.17】
  
2 『長野県歴史人物大事典』 神津良子編 郷土出版社 1989 【N283/13】
  p.127に生没年、生い立ち、功績等の記述あり。

3 『維新の信州人』 信濃毎日新聞社編 信濃毎日新聞社 1974 【281/し】
   p.95-138に大井隆男の論文「大谷幸蔵 ―貿易の先駆者―」の所収あり。

4 『信州の人物余聞』 滝沢忠義著 ほおずき書籍 2010 【281.52/タタ】
   p.48-52に「対欧貿易の先覚者」の題名での記載あり。

5 『信濃蚕糸業史 上』 江口善次 日高八十七共編 大日本蚕糸会信濃支会 1937 【N630/30/1】
   p.789-797に記載あり。

6 『埴科郡人名辞書』 信濃教育会更級部会編 像山社 1978 【N280.3/2-1】
  p.61-63に生没年、生い立ち、功績等の記載あり。
  
7 『大里忠一郎伝 附 吾妻銀右衛門、大谷幸蔵伝』 大平喜間多著 1953 【N289/オオサ】
   p.41-43に記載あり。

8 『戸倉町誌 第二巻 歴史編 上』 戸倉町誌編纂委員会編 1999 【N216/51/2-1】
   p.826-827(第九章 農業と諸産業)に記述があるが、2で紹介した『蚕界偉人大谷幸蔵』内の記述を抜粋したもの。
回答プロセス
(Answering process)
1 『長野県歴史人物大事典』で大谷幸蔵をひく。略歴、功績等の記述あり。参考文献に『蚕界偉人 大谷幸蔵』があったので、これを探す。

2 1に更級郡羽尾村(現・千曲市)出身とあったので、更級郡関係の史誌をあたる。『戸倉町誌』等で記述を発見。

3 蚕種業の貿易商人ということから、郷土分類N630周辺の資料を探す。

4 長野県の人物列伝の棚(郷土分類N280)周辺を探す。


<その他調査済み資料>
 『松代町史 下巻』 大平喜間多編 松代町 1929 【N216/3/2】
 『更級埴科地方誌 第4巻 現代編』 更級埴科地方誌刊行会編 更級埴科地方誌刊行会 1967 【N215/32/4】
 『長野県史 通史編 第7巻』 長野県編 長野県史刊行会 1988 【N209/11-4/7】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
蚕糸業  (630 10版)
個人伝記  (289 10版)
参考資料
(Reference materials)
尾崎隈川 著 , 尾崎, 隈川, 1884-1965. 蚕界偉人大谷幸蔵. 大日本蚕糸会, 1914.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000567225-00  (【N289/おおた】)
赤羽篤 [ほか]編 , 赤羽, 篤, 1920-2012. 長野県歴史人物大事典. 郷土出版社, 1989.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002021352-00 , ISBN 4876631263 (【N283/13】 p.127)
キーワード
(Keywords)
大谷幸蔵
蚕種
貿易
明治時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000281704解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!