このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-1257
事例作成日
(Creation date)
2014年11月20日登録日時
(Registration date)
2014年12月08日 10時09分更新日時
(Last update)
2014年12月19日 11時32分
質問
(Question)
常陸の三つの古鐘のうち、ひとつが土浦市の般若寺にある。残りの二つがどこにあるか知りたい。
回答
(Answer)
以下のWebサイトと資料を紹介。

・土浦市HP( http://www.city.tsuchiura.lg.jp/index.html
・『茨城県の歴史散歩』(茨城県地域史研究会/山川出版社/2006)
回答プロセス
(Answering process)
①まずは般若寺の鐘について知るため、インターネット(bing)で「土浦市 般若寺」を検索→土浦市HP( http://www.city.tsuchiura.lg.jp/index.html )の「般若寺の銅鐘」のページがヒット(ホーム>くらし>文化・スポーツ・公園>歴史・史跡・文化財>般若寺の銅鐘)。「常陸三古鐘のひとつ」との記述あり。

②bingで「常陸三古鐘」を検索→土浦市HPの「等覚寺の鐘」のページがヒット(ホーム>くらし>文化・スポーツ・公園>歴史・史跡・文化財>般若寺の銅鐘)。こちらの鐘も「常陸三古鐘のひとつ」とされていた。

③般若寺・等覚寺の鐘とも重要文化財に指定されていたので、残りのひとつも同様だと考えられる。茨城県の観光名所などが載っている資料があれば、三古鐘についても書かれているのではと思い、茨城県関係の資料が集まる書架をブラウジング。
→『茨城県の歴史散歩』(茨城県地域史研究会/山川出版社/2006)…等覚寺の銅鐘について、「土浦市般若寺の鐘, 潮来市長勝寺の鐘とともに常陸三古鐘の1つである」という記述があった(p.55)。
この資料では、 般若寺の鐘(p.53)と長勝寺の鐘(p.253)についても個別に説明されていたが、「常陸三古鐘」という表現が見られるのはp.55だけだった。

④念のため、潮来市のHP( http://www.city.itako.lg.jp/ )を確認→2種類ある「長勝寺」のページのうち、観光カテゴリ内のページ(ホーム>観光>観光スポット>主な観光スポット>長勝寺)で銅鐘が紹介されていたが、「常陸三古鐘」という文言はなかった。

⑤国指定文化財等データベース( http://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/index_pc.asp )にて、「名称=常陸三古鐘」として検索→ヒットなし。
「名称=銅鐘」&「都道府県=茨城県」として検索→3件ヒット(長勝寺、般若寺、等覚寺の鐘)。それぞれの鐘について「解説文」が載せられていたが、どれも「鎌倉時代の作品」とあるだけで、「常陸三古鐘」という文言はなかった。

⑥ 『美術作品レファレンス事典 国宝・重文篇 1』(日外アソシエーツ株式会社/日外アソシエーツ/2009)を確認→『重要文化財 24』(毎日新聞社「重要文化財」委員会事務局/毎日新聞社/1976)に3つとも載っていたが、白黒の写真が1枚あるだけで、解説はなかった。

⑦般若寺・等覚寺・長勝寺の鐘が常陸三古鐘であることを裏付ける記述をもうひとつ見つけたかったが、質問への回答は得られたため、レファレンスを終了した。

※Webサイトの最終確認日はいずれも2014年11月20日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
その他の東洋思想.アジア哲学  (129 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
常陸三古鐘
般若寺
等覚寺
長勝寺
銅鐘
重要文化財
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
芸術 郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般男性
登録番号
(Registration number)
1000164161解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!