このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
相模原市立図書館 (2210034)管理番号
(Control number)
相市-H21-039
事例作成日
(Creation date)
2010年3月19日登録日時
(Registration date)
2010年03月19日 12時46分更新日時
(Last update)
2011年11月30日 11時38分
質問
(Question)
以前新聞で見た安東次男の俳句を探している。人生の終わりに詠んだ句で、内容は「故郷の木の実が落ちる音を聞きにかえらんか」という感じだった。2~3年前の産経新聞か東京新聞夕刊の囲み記事だったと思う。
回答
(Answer)
お尋ねの俳句は「木の実山その音聞きに帰らぬか」。『安東次男全詩全句集』や『新折々のうた 7』に記載されている。また、深大寺には句碑がある。
回答プロセス
(Answering process)
インターネットGoogleにて作者名と、質問者が覚えていた句の一部をキーワード化し、“安東次男 そのとき 帰らんか”で検索。
調布市立図書館のHP( http://chofu.town-info.com/units/36243/kuhikahi_lib/ )にて「木の実山その音聞きにかえらんか」がヒット。
安東次男の墓と句碑が深大寺にあることが判明。

市内OPACで安東次男の句集はヒットせず。

県内を検索し、句集を探す。以下の2冊がヒット。取寄せた。
 ①『安東次男全詩全句集』思潮社 2008年→P415に「木の実山…』の句あり。
 ②『流火草堂遺珠』ふらんす堂 2009年→該当句なし

市内OPACにて“辞世”“サイゴノコトバ”で検索。次の2冊を見たが、該当句なし。同分類付近の書架も見るが見当たらず。
 ③『元気なうちの辞世の句300選』(坪内稔典/撰、荒木清/編 中経出版 2004年)〔911.367〕
 ④『最期の言葉』(柘植久慶/著 太陽出版 2008年)〔281.04〕
 
インターネットGoogleにて“深大寺 句碑”で検索。
「むさし野窯」のHP( http://jindaijigama.com/jindaiji/jindaiji205.html )がヒット。深大寺の歌碑と句碑のページがあり「深大寺碑探勝」という小冊子が紹介されている(調布市観光協会/刊 2007年)→市内所蔵なし。

新聞で取り上げられるくらいなら、『折々のうた』にも載ったことがあるのではと思い、
 ⑤『新折々のうた 総索引』(大岡信/編 岩波書店 2007年)〔S911.04〕の初句索引で「木の実山」を引く。
記載のあった、
 ⑥『新折々のうた 7』(大岡信/編 岩波書店 2003年)〔S911.04〕P125に該当句あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『安東次男全詩全句集』安東次男/著,思潮社 2008年

『流火草堂遺珠』安東次男/著,中村稔典/編,ふらんす堂 2009年
『最期の言葉』柘植久慶/著,太陽出版 2008年
『新折々のうた 総索引』大岡信/編,岩波書店 2003年
『新折々のうた 7』大岡信/編,岩波書店 2007年
キーワード
(Keywords)
安東次男
木の実山
辞世
最期の言葉
句碑
深大寺
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
文学
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000065387解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!