このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000158769
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001003533
事例作成日
(Creation date)
2014/07/03登録日時
(Registration date)
2014年08月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年08月23日 00時30分
質問
(Question)
10人程度の仲間で、徒然草の読み合わせ会を計画しています。徒然草の全文と全訳が載っているような本はあるでしょうか?
回答
(Answer)
当館所蔵資料を調査しました。徒然草の全文と全訳が掲載されているものは下記のとおりです。

1. 『徒然草 ちくま学芸文庫』 (兼好/著 島内裕子/校訂訳 筑摩書房 2010.4 )
この本は原文、注、訳、評の順で各段ごとに書かれています。
「はじめに」に「序段から第二百四十三段まで、内容のまとまりごとに、章段番号を付けて、短く区切ったのが、読みやすさに拍車をかけた。...本書では各段ごとに、まず最初に『原文』を配した。...本書では、漢字と読点を多用し、改行にも配慮して、一目で文意が明確に伝わるように努めた。『原文』に次ぐ『注』は、固有名詞や、漢文の出典の指摘などに絞り、思い切って簡略化した。これは『訳』の中に、必要と思われる語彙的な情報を、できる限り溶かし込んだためであり、この『訳』には特に留意した。本書における『訳』は序段を始めとして、章段によっては、原文の背後に潜む内実や、精妙なニュアンスの響きを読み取ることを心懸け原文に直接顕れていなくとも、必要な言葉をかなり補って、十二分に新鮮な光を当てた。....訳にあったては、わかりやすい現代文にすることに努めるとともに、徒然草自体が持つ気韻を損なわぬよう留意した。」とあります。

2. 『新編日本古典文学全集 44  方丈記 . 徒然草 . 正法眼蔵随聞記 . 歎異抄』(小学館 1995.3)
この本には「方丈記」「徒然草」「正法眼蔵随聞記」「歎異抄」が含まれている。徒然草の「凡例」には「本書の底本にはいわゆる烏丸光広本を採用した。右の烏丸本は近世初期の文人、権中納言烏丸光広が校訂した旨の、慶長十八年(1613)の奥書のある古活字本であり、本書の皇帝には、宮内庁書陵部蔵書本を縮印した日本古典全集本(昭和十年版)を使用した。...本文の章段ごとに改行して原典にはない段数を掲げ、序段および二百四十三章に分段した。...句読点・清濁については、定本に施されている烏丸光広の校訂を参考にしたが、必ずしもこれによらず、校訂者の私案によったところがある。また会話の部分は「」でくくって、これを示した。...頭注は簡約を期し、字数の制約もあるので、簡単な語の注は下段の現代語訳にゆずったところもある。...現代語訳は、なるべく原文に即したものとしたが、口語文として独立に通読できるように、多少の意訳を試みたところがある。」と書かれています。構成はページの上段に頭注、中央に原文、下段に現代語訳が掲載されています。

3. 『徒然草 付現代語訳 角川文庫』([吉田兼好/著] 角川書店1951.11)
「凡例」に「本文は流布本中の最善本と称せられる、図書寮所蔵の烏丸光広本校訂古活字本を底本とし、現存古写本として最古のものである、静嘉堂文庫所蔵正徹自筆本と最古の版本である嵯峨本で校訂・補正した。ただし必要と考へられない限り異同は註しなかった。....現代語訳は本文に即かず離れず併し、現代語として通る場合はなるべく逐語訳に従ふこととして、正確を期した。」とあります。ページ構成は本文の下に注があり(p.17-150)、その後ろに「現代語訳徒然草」(p.152-286)となっています。

4. 『日本の古典 37 完訳 方丈記 徒然草』(小学館 1986.3)
「凡例」の記載は上記.2『新編日本古典文学全集 44 方丈記』と同じです。ページ構成は2段に分かれており、上段には、原文が書かれており、下段に注となっています。p.79-259に徒然草が掲載されており、p.259-362が現代語訳となっています。

5. 『徒然草 現代語訳日本古典文学全集』(佐々木八郎/訳 河出書房 1954.5)
「本文は西尾実氏校訂の『徒然草』岩波文庫をもとにしたが、この全集の趣旨に照らし広く読書人の便をはかるために、仮名を漢字に改めて讀みやすくした、部分が相当に多い。なお、正徹本-静嘉堂所蔵をもって補訂したところもある。口語訳はなるべく本文に即するようにして、本文にないようなことばの補にゅはできるだけ慎んだつもりである。」とあります。ページの構成はページを半分に分け、上段に原文を下段に現代語訳と註が書かれています。

([事例作成日:2014年7月3日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
評論.エッセイ.随筆  (914 8版)
参考資料
(Reference materials)
徒然草 兼好∥著 筑摩書房
新編日本古典文学全集 44 小学館
徒然草 [吉田/兼好∥著] 角川書店
日本の古典 37 小学館
徒然草 [吉田/兼好∥著] 河出書房
キーワード
(Keywords)
徒然草(ツレヅレグサ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
大阪
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000158769解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!