このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000111781
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
OSPR11030012
事例作成日
(Creation date)
2011/03/07登録日時
(Registration date)
2012年09月26日 02時00分更新日時
(Last update)
2013年01月26日 15時57分
質問
(Question)
帝釈天に対する信仰について調べている過程で、箕面市に帝釈寺という寺院があり、帝釈天を本尊としてまつっていることを知った。
この寺院についての詳細がわかる資料、また、「帝釈天王像」についての詳しい説明(できれば写真図版)を掲載している資料はないか。
『大阪府の地名』〈日本歴史地名大系〉(平凡社)のデータベースで検索を行ったがもう少し詳しい資料がほしい。
回答
(Answer)
帝釈寺および帝釈天像についての説明記載が見つかった資料は、以下の通り。
(それぞれ1~2ページ程度の説明。)

・『摂津国八十八所巡礼』(摂津国八十八所霊場会/編著 朱鷺書房 1987.12)
p.118-119 寺および本尊についての説明があり。また、p.222-223には行き方の地図があり。
・『日本名所風俗図会10 大阪の巻』(森修/編、角川書店、1980.6)
p.174 「摂津名所図会 巻之五」に掲載されている「外院帝釈寺」として、寺および本尊についての説明あり。
・『日本歴史地名大系 28‐[1]  大阪府の地名1』(平凡社 1986.2)
p.299「外院庄」の項目に、「粟生外院に勝尾寺の別院帝釈寺があり。弥勒信仰により山上勝尾寺を都率内院とみなしたのに対して、山下帝釈寺を外院と称したのが地名の由来」との記載があるが、帝釈寺についてそれ以上の詳細は見当たらず。
・『寺院大鑑』2巻 (寺院大鑑刊行会/編集 久遠出版 1994)
p.1100 帝釈寺の宗派・住所・電話番号などが記載されている。

箕面市が発行している『箕面市史 図譜』(箕面市史編集委員会/編集 箕面市役所 1974)p.36-37には帝釈寺の毘沙門天立像の説明と写真があるが、帝釈天王像については記載されていない。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 8版)
参考資料
(Reference materials)
摂津国八十八所巡礼 摂津国八十八ヶ所霊場案内記(ページ:119-119)
日本名所風俗図会10 大阪の巻(ページ:174)
日本歴史地名大系 28‐[1]  大阪府の地名1(ページ:299)
寺院大鑑 2巻 東海・北陸・近畿(ページ:1100)
箕面市史 図譜(ページ:36-37)
キーワード
(Keywords)
文化財 仏像 四天王
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
大阪,地名・地域
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000111781解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!