このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2582
事例作成日
(Creation date)
2017年10月19日登録日時
(Registration date)
2020年03月26日 17時15分更新日時
(Last update)
2020年03月26日 18時09分
質問
(Question)
 現在の横浜市港南区にあったといわれる「関城」について書かれた資料はあるか。
回答
(Answer)
1 現在の横浜市港南区の地番と結びついて「関城」が記述されているものに
 以下の資料があります。

 (1)『横浜市文化財地図』 横浜市教育委員会事務局社会教育部文化財課
    横浜市教育委員会社会教育部文化財課 1992.3 
   p.100 地図 遺跡番号が振ってあるので、p.101と照らし合わせることで、
      関城があった場所を知ることができます。
   p.101 関城の跡について、解説があります。 
    <港南区7-(1)>遺跡番号:81 所在地:野庭(のば)町613付近 種類:城跡 
    地目:公園・宅地 立地:台地上 規模:(無記入) 時代・時期:鎌倉?
    備考:野庭関城、大部分破壊 文献:393(『日本城郭大系 6』)

 (2)『日本城郭大系 第6巻』平井聖/[ほか]編 新人物往来社 1980.2
   p.313 野庭関(のばせき)城
    所在地、別称、創築年代、創建者、形式、遺構、規模、文化財指定の有無、
    関係主要文献が書かれています。
    ①横浜市港南区野庭町613番地(鎌倉郡上野庭村) ②(無記入) 
    ③鎌倉時代初期か ④(無記入) ⑤台地構 ⑥土塁か 
    ⑦一〇〇m×一八〇m(本城のみ)、標高八〇m、比高四〇m
    ⑧(無記入) ⑨『北条九代記』『新編相模国風土記稿』『野庭の今昔』
    文章の説明としては、「後北条氏玉縄城の支砦として当時の野庭の領主石巻康保・
   安藤良整などの時代からである。(中略)天正十八年の小田原戦役以後は、山林や畑
   となっていた。現在は市営野庭団地となって、(中略)公園があり、このあたりが本
   城であったと伝えられている(中略)」などとあります。

2 「関城」について記述のある資料には以下のものがあります。
 いずれも詳しいものではなく、ほとんどが伝承としての扱いのようです。

 (1)『野庭の今昔』常盤台万三/著 [常盤台万三] 1977.8
   p.65 「四 関城の砦」の項目があります。

 (2)『こうなんの歴史散策 港南歴史散策の会100回の記録』 馬場久雄/著 
   深谷臣功/編集・写真 遠藤吉隆/編集・写真 港南歴史協議会 2010.9 
   p.211 「関城」と鎌倉道の項目があります。

 (3)『永野郷土誌』 永野郷土誌編纂委員会/編 永野連合町内自治会 1972.11
   p.104 「十二 口碑・伝説」の項「13 関城台」に短い記述があります。

 (4)『港南の歴史と文化』 伊藤武/著 港南歴史協議会 2008.8 
   p.253~254 「6章 野庭町、上永谷町、日限山、丸山台 
   6史跡・石仏 6-6野庭神社・浄念寺付近(10)野庭の関城跡」の項目があります。
   場所の記述は「野庭団地内、野庭中央公園の高台付近一帯」とあります。
   口絵カラー写真に「関城跡」があります。

 (5)『港南の歴史 区制10周年記念』 
   港南の歴史発刊実行委員会/編 港南の歴史発刊実行委員会 1979.10 
   p.757 「伝説」の項に「関城跡(野庭団地一帯)」の記述があります。(関城跡の遠
   望の写真あり)

 (6)『お母さんが伝えるふるさと下野庭 ききがたり』
   しものば郷土誌編集委員会/編 下野庭町内会 1988.2
   p.9 「中世・鎌倉・室町時代」の項に「関城」に関する短い記述があります。

 (7)『街づくりの歴史物語  こうなんの歴史アルバム』 
   港南歴史協議会/編 港南歴史協議会 2012.7
   p.108~109 「中世(鎌倉~戦国時代)の港南」の項、「中世の歴史の遺跡」
   地図の説明として関城についての説明があります。

 (8)『こうなん道ばたの風土記』 港南の歴史研究会/編 港南の歴史研究会 1986 
   p.70 「四 野庭の関城跡」(せきしろのルビがあります)の項に記述があります。

 (9)『神奈川県皇国地誌相模国鎌倉郡村誌』(神奈川県郷土資料集成 第12輯)
    神奈川県図書館協会郷土資料編集委員会/編集 神奈川県図書館協会 1991.1 
   p.201 「上野庭村(横浜市)」の「山」の項に「関城台」(せきしろだいのルビあり)
   の記述があります。

 (10)『郷土いずみ 第23号』 泉区歴史の会 2017.5 
   p.42 (泉小次郎の伝承として)「…『和泉往来』(森繁春 明治11年3月)は、
   「親平は無双の勇士故其場を切抜ける、建暦二年なり、当国鎌倉郡野庭村関城に隠遁
   す、千寿君者百姓に養育さる、今其子孫織茂氏と云、野庭村に有、(略)親平関城に
   死す、(略)五代親平討死は建暦二年なり、」と記しています。」
   の記述があります。

 (11)『とみづか 第3号』 郷土戸塚区歴史の会1977.3
   p.21~22「鎌倉街道周辺の旧家を訪ねて 太田勇」 
  「…森氏系図 祖先は源姓にて、愛甲郡毛利庄を領す。毛利と改め、のち関城に住み
  関を苗字としたが、また森の一字に改む…」の記述があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000279596解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!