このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中千葉-2013-2
事例作成日
(Creation date)
2012年04月10日登録日時
(Registration date)
2013年03月16日 13時42分更新日時
(Last update)
2013年07月11日 09時40分
質問
(Question)
野田市郷土博物館にある、明治期に野田市の地域通貨として使われていたという「駄賃札」が江戸時代にも使われていたのか、ということを調べたい。
回答
(Answer)
「駄賃札」が江戸時代にも使われていたのか、ということについてはわかりませんでした。関連する資料は下記のとおりです。
1.『キッコーマン醬油史』の「運輸」の項のp304-305に「駄賃札」のことが記載されています。野田醤油の輸送費のために使われた木札で、河岸への荷出しの際に発行していました。また、「表に一駄分即ち七樽の運賃に相当する金額が書かれ、裏に自家の印が焼印されていて、これが町内でも一般に通用していた」と書かれています。駄賃札の写真も掲載されていますが、いつから利用されていたのかは記載がありません。

2.『野田の醬油経営史料集成』p114-115には「文久四年野田・今上両河岸駄賃値上取極」(キッコーマン文書)という資料が所収されています。「壱駄ニ付上下共銭四拾四文」「小揚駄賃 高札前より銭廿四文 高札先より同廿九文」という表記が見られます。また、「世間一体駄賃値上ケニ相成候故」とも書かれており、上花輪村、中野台村、今上河岸、野田下町の馬持世話人総代や名主などが名を連ねています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品工業  (588 9版)
運輸.交通  (680 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.『キッコーマン醬油史』(キッコーマン醬油株式会社編 1968)(9200332011)
2.『野田の醬油経営史料集成』(野田市郷土博物館 1985)(9200332049)
キーワード
(Keywords)
千葉県-野田市
キッコーマン醤油
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000129035解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!