このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000114893
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00439
事例作成日
(Creation date)
2012年07月31日登録日時
(Registration date)
2012年11月26日 14時47分更新日時
(Last update)
2013年09月16日 16時49分
質問
(Question)
さいたま市見沼区東大宮2丁目8番地の北西側あたりに鳥居がある。
この鳥居の由来等を知りたい。
回答
(Answer)
調べつかず。
『大宮市史』や大砂土村(現在の東大宮2丁目あたり)の資料を調べたところ、大日権現社の鳥居かと思われる資料があったが、質問の鳥居であるとは確定できず。
回答プロセス
(Answering process)
さいたま市見沼区の住宅地図で該当地区を調べてみると、31ページに神社のマークがある。

『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1980)によると、東大宮1丁目から6丁目は、砂町2丁目、大字丸ヶ崎・砂の各一部だったことがわかる。
そこから、以下の資料を調べてみた。
・『大砂土郷土誌 創立90周年記念』 大宮市立大砂土小学校郷土誌編集委員会/編 大宮市立大砂土小学校 1964
区域内の神社等の説明はあるが、質問の鳥居のものではないと思われる。

・『大砂土史談』 黒須 元治/編 大砂土西部教育会 1983
p.3~10に比較的大きな4つの社の説明があるが、質問の鳥居のものではない。

・『郷土大砂土村のあゆみ』 大島 豊/編 大島豊 2004
該当するところの説明は無し。

・『郷土大砂土村のあゆみ』 大島 豊/編 大島豊 2007
該当するところの説明は無し。

大宮市史で調べてみる。
・『大宮市史 第2巻 古代・中世編』 大宮市役所 1971
p.453~521に「七 中世の神社と寺院」の章あり。
p.454に古代・中世の寺院・神社・城館跡等分布図があり、番号が振られていて名前が書かれているが、読めず。

・『大宮市史 第3巻 中 近世編』 大宮市役所 1978
宗教・文化編のp.1~96に「1 近世の神社と寺院」の章あり。
p.56~57に「第7表 大宮市域の神社一覧表」があり、砂村には稲荷社、天神社、神明社、第六天社、牛頭天王社、その他11の神社が載っている。丸ヶ崎村には稲荷社、天神社、氷川社、第六天社、雷電社、その他8の神社が載っている。しかし、いずれも一覧表のため、場所は不明。

・『大宮市史 第3巻 下 近世地誌編』 大宮市役所 1973
p.234~に「7 砂村」の章あり。p.235に砂村字地図があり、神社の名前も地図上に載っている。確定はできないが、現在の場所と比べると、大日権現社のようではある。
p.570に丸ヶ崎村字地図があり、寺社名が地図上に載っているが、現在の場所と比較できず。

・『大宮市史 第4巻 近代編』 大宮市役所 1982
p.818~819に「第145表 大宮市域内村社・無格社」があるが、質問の鳥居は特定できず。

石造物に関する資料を調べてみる。
・『大宮の教育史調査概報 (Ⅱ) 大宮の石造物(1) -東部地域編-』 大宮市立博物館/編 大宮市立博物館 1990
p.27に砂村の石造物一覧表があり。表の1行目に、「元治2(1865)年に、鳥居を大日権現社に金子六右エ門など6人が主体となって建立した」という記述あり。 







事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
さいたま市見沼区
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000114893解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!