このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000097189
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2011-36
事例作成日
(Creation date)
2011年11月26日登録日時
(Registration date)
2011年11月26日 14時15分更新日時
(Last update)
2013年11月09日 11時55分
質問
(Question)
松山空襲により焼失した学校名について
回答
(Answer)
【資料1】p902~903「松山市の空襲と分散授業」より抜粋

 (略)学校は、松山・番町・味酒・新玉・東雲・八坂・清水・素鵞・雄郡の各国民学校、松山中央青年学校、松山・北予・城南中学校、松山・城北・東雲・済美・松山技芸高等女学校、松山工業学校、松山女子商業学校、愛媛師範学校、同付属国民学校、松山高等学校、松山経済専門学校などが講堂・記念館など一部を残してほとんど全焼した。(略)ただ、松山商業学校・愛媛青年師範学校・愛媛県立盲唖学校のみは、焼夷弾の落下数が僅少であったことと、学校防空隊の挺身的な敢闘で戦災を免れた。
回答プロセス
(Answering process)
【資料2】p44、【資料3】p20に被災の記載はあるが、具体的な学校名は一部のみ。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育史.事情  (372 9版)
四国地方  (218 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『愛媛県教育史 第2巻』(愛媛県教育センター内教育史編集室、愛媛県教育センター、1971)<当館請求記号:K372 /12 /2>
【資料2】『松山市史 第4巻 現代』(松山市、1995)<当館請求記号:K231 /49 /4>
【資料3】『松山市史料集 第12巻 近・現代編 4』(松山市、1985)<当館請求記号:K231 /29 /12 >
キーワード
(Keywords)
太平洋戦争
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000097189解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!