このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岐阜市立図書館 (2310054)管理番号
(Control number)
岐市図-008
事例作成日
(Creation date)
2017年09月16日登録日時
(Registration date)
2017年09月16日 11時55分更新日時
(Last update)
2020年10月09日 10時30分
質問
(Question)
屋号のマーク・記号の一覧が見たい。読み方や、商売との関連の有無などがわかるものも見たい。
回答
(Answer)
以下の3点についてそれぞれ回答する。

①屋号のマーク・記号について。
②家印やその読み方が一覧できるものについて。
③商売との関連について。

---------------------------------------

①屋号のマーク・記号とは、おそらく家印(いえじるし)のことと思われる。
屋号も家印も、近親者を中心として日常生活を共にし、氏・姓・苗字などの特定の名称を帯び一定の家屋に住居する集団としての「家」を表すものであるが、平安貴族が同系(氏)の中で家ごとに屋号で呼び分けたり、同姓の多かった近世の村々で屋号(屋敷名)を呼び習わしたり、近世都市の商家で出身地(越後屋・三河屋など)や職種名(油屋・綿屋など)を名乗ったり、芸能の家において流派名の一種として用いられたりした。
家印は各家の所有を示す占有標のことで、自らの手で容易に欠ける印を各家庭で用いる道具や下駄、傘など、家財につける。家印をそのまま屋号にすることも多かった。
『日本大百科全書 2』P.16「家印」の項、『同 23』p.152「屋号」の項
『日本民俗学大系 3』p.203大間知篤三「家族」一.家の特質
『国史大辞典 1』p.424「家印」の項
『日本民俗大辞典 上』p.64「家印」の項

---------------------------------------

②家印やその読み方の一例として、以下のような資料が見つかった。

『日本大百科全書 2』P.16「家印」の項
図A「原初的な家印」として5例、図B「本家と分家の家印」として3例が見られる。

『日本民俗大辞典 上』p.64「家印」の項
京都府舞鶴市野原の家印の例が見られる。

『日本民俗学大系 3』p.206
東京都新島若郷の家印が見られる。

『柳田国男全集 18 』p.335「北小浦民俗誌」中の「一四 木じるしと家」
木印の図がいくつか紹介されている。

『図説日本広告千年史』
『暖簾』
屋号の書かれた暖簾が見られる。

『屋号語彙の総合的研究』
p.61「家印屋号の図形とその読み方」
北海道茅部郡の亀田町、南茅部町の家印について解説されており、使用されている図形とその読み方が紹介されている。
p.248「家印屋号総体」
北海道茅部郡南茅部町尾札部見日の家印屋号が分類整理され、読みが書かれている。

---------------------------------------

③商売との関連について、以下のような資料がみつかった。
『屋号語彙の総合的研究』
以下のページに生業を表す屋号が紹介されている。(それぞれ、一例もしくは特定地域のもの)
p.40、p.82、p.85、p.97、p.103、p.105、p.111、p.115、p.118、p.120、p.140、p.143、p.153、p.164、p.170、p.175

また、以下のような記述が見られる。
p.52「『明治年間全国商工人名通鑑』を見ると、屋号として名乗っている業と、当時の実際の業との一致しないものがかなり多い。つまり時代の推移とともに家業は替わることが多いが、屋号は昔のままなのである。生業を言う屋号が、現在の家業の事実を言っていないことに人々はこだわらない。むしろ昔ながらの名を保持することを誇りとしたのであろう。」
p.100「生業を言う屋号では、あげられている家業と屋号との一致しないものも見えるが、これは生業は変っても屋号は固定して動かないためであろう。」
回答プロセス
(Answering process)
百科事典で「屋号」の項を見てみたが思うような記号が載っておらず、「屋号」「記号」でネット検索したところ、記号は「家印」という名称であることがわかり、「家印」というキーワードで蔵書検索をかけた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (380)
染織工芸  (753)
広告.宣伝  (674)
参考資料
(Reference materials)
日本大百科全書. 小学館, 1984~1989年.
大間知 篤三∥〔ほか〕編集. 日本民俗学大系 3 社会と民俗 1. 平凡社, 1985. p. 205 (当館請求記号:382.1/ニ/3 当館資料番号:114285233)
岡野 信子∥著. 屋号語彙の総合的研究. 武蔵野書院, 200310. p. 4, ISBN 4-8386-0210-3 (当館請求記号:384.4/オ 当館資料番号:112872131)
国史大辞典編集委員会∥編. 国史大辞典 1 あ-い. 吉川弘文館, 197903. (当館請求記号:R 210.0/コ/1 当館資料番号:114723087)
日本民俗大辞典 上 あ~そ. 吉川弘文館, 199910. (当館請求記号:R 380/ニ/1 当館資料番号:112285880)
柳田 国男∥著. 柳田国男全集 18 北国紀行 年中行事 北小浦民俗誌 標準語と方言 老読書歴. 筑摩書房, 199903. (当館請求記号:380.8/ヤ/18 当館資料番号:113070519)
大伏 肇∥著. 図説日本広告千年史 古代・中世・近世編. 日本図書センター, 199911. (当館請求記号:R 674/オ / 当館資料番号:112472290)
高井 潔∥写真・文. 暖簾. 淡交社, 199712., ISBN 4-473-01579-3 (当館請求記号:753/タ 当館資料番号 112222030)
キーワード
(Keywords)
屋号
家印
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000222002解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!