このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000217537
提供館
(Library)
市川市中央図書館 (2310001)管理番号
(Control number)
市川20170201-03
事例作成日
(Creation date)
2017年02月01日登録日時
(Registration date)
2017年06月20日 14時00分更新日時
(Last update)
2017年06月20日 14時01分
質問
(Question)
天児(あまがつ)とは何か。
回答
(Answer)
『世界大百科事典』(平凡社 2005)には、「平安時代に神事の祓除に用いられた人形(ひとがた)。転じて子どものお守りとして、3歳ころまで身につけさせた。子にふりかかる災難をこの人形に負わせ、子を守ると信じられていた。」とある。
また、『神道大辞典』(臨川書店 1986)にも「古代より災難を除く祓に用ひ諸凶事を負はせ流す為にした人形(ひとがた)」とある。

形状としては「人形には金箔で鶴亀などの紋をつけた白小袖を着せた」(『世界大百科事典』)とのことで、『雛人形』(切畑健/著 京都書院 1998)p.212-215,218や『ひな-雛-ヒナ』(井沢弥男/解説 建築博容社 1988)p.8で実際の写真をみることができる。
また、『人形今昔』(竹日忠芳/著 北辰社 1997)p.10には「そうそうお目に掛かれない天児」として珍しい明治中期の天児の写真が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人形.玩具  (759 8版)
神道  (170 8版)
民間信仰.迷信[俗信]  (387 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000217537解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!