このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001043232
事例作成日
(Creation date)
2020/02/22登録日時
(Registration date)
2020年03月28日 00時31分更新日時
(Last update)
2020年03月28日 00時31分
質問
(Question)
明治14年に五代友厚が関西貿易社を創立しているが、明治16年に解散しているようである。その間の詳細が分かる資料はあるか。
回答
(Answer)
関西貿易社について以下の資料に記載があります。
・『五代友厚伝記資料 第3巻 鉱山・工業・商社・交通』(日本経営史研究所/編 東洋経済新報社 1972)
「商社」の部の「二 関西貿易社」(p.349-352)で、次のように記されています。
「明治十四年六月三日、五代は広瀬宰平、杉村正太郎、中野梧一、阿部彦太郎、藤田伝三郎、田中市兵衛らとはかり、資本金百万円の関西貿易社を創立した。本社を大阪靭北通一丁目三番地におき、五代が総監、広瀬が副総監となった。同社の目的は、当初は清国への直輸出にあって、政府の出資も期待されていたようである。」
「しかしこの年[明治14年]の夏、いわゆる開拓使官有物払下げ問題が勃発して関西貿易社は在野民権論者の舌蜂の矢表に立たされたため、結局、北海道貿易からは一切手をひかざるを得なくなった。(中略)十六年四月には解散に至るが、詳細は不明である。」(p.349)
p.368-407には、同社関係史料20点が掲載されています。

また、参照情報として3点の資料が挙げられています。
・『五代友厚伝記資料 第1巻 伝記・書翰』(日本経営史研究所/編 東洋経済新報社 1971)
・『五代友厚伝記資料 第2巻 貨幣・取引所・貿易・大阪商法会議所・その他』(日本経営史研究所/編 東洋経済新報社 1972)
・『新北海道史 第3巻 通説 2』(北海道/編集 北海道 1971)
開拓使官有物払下事件に関する記述の中で、関西貿易社について触れられています。(文中では、「関西貿易商会」や「関西貿易会社」と記されています。)

なお『五代友厚伝記資料 第4巻』「政治・外交」の部には「関西貿易商会」についての新聞記事が掲載されています。
・『五代友厚伝記資料 第4巻 政治・外交・雑纂・年譜』(日本経営史研究所/編 東洋経済新報社 1974)
史料一七七「東京横浜毎日新聞(明治一四年七月二六日)関西貿易商会ノ近状」・「(同月二七日)関西貿易商会ノ近状(昨日ノ続)」・「(同月二八日)関西貿易商会ノ近状(昨日ノ続)」(p.176-181)

次の資料にも関西貿易社に関する記述がありました。
・『五代友厚伝』(五代竜作/編輯 五代竜作 1933)
第12章2節「関西貿易社を創立す」(p.522-537)
・『五代友厚秘史』(五代友厚七十五周年追悼記念刊行会/編 五代友厚七十五周年追悼記念刊行会 1964)
「五代友厚覚え書」(p.343-375)第5章「実業界時代」に「第十二の事業 関西貿易社」の項があります。(p.367-368)。また、第6章「北海道開拓使事件」(p.368-373)にも関西貿易社の記述があります。
・『五代友厚伝』(宮本又次/著 有斐閣 1981.1)
第3部第18章「熱海会議と関西貿易社」(p.430-440)
・『日本近代都市史研究序説』(小路田泰直/著 柏書房 1991.1)
第2章第2節「関西貿易社の成立」(p.63-91)
・小路田泰直「『明治一四年の政変』と関西貿易社-工業都市大阪成立の前提」『日本史研究』229(日本史研究会 1981.9)p.23-55
・末岡照啓「『開拓使官有物払い下げ事件』再考-関西貿易社の五代友厚と広瀬宰平を通して」『住友史料館報』41(住友史料館 2010.7)p.65-127
・『近代日中貿易成立史論』(黄栄光/著 比較文化研究所 2008.3)
第4章第1節「広業商会の処分と関西貿易会社」(p.150-161)

以下の資料はインターネット上で公開されており、無料で閲覧することができます。
・宮地英敏「北海道開拓使官有物払下げ事件についての再検討-誰が情報をリークしたのか」『經濟學研究』80(5・6)(九州大学経済学会 2014.3)p.177-196
第2章「五代友厚と関西貿易社」(p.179-182)
「九大コレクション」(九州大学附属図書館)(2020年2月22日確認)
https://doi.org/10.15017/1445941

・『函館市史 通説編第2巻』(函館市史編さん室/編集 函館市 1990)
第2章第5節に「北海社と関西貿易社」、「両社の任務分担」の項があります。(p.399-402)
「函館市史デジタル版」(2020年2月22日確認)
「北海社と関西貿易社」
http://archives.c.fun.ac.jp/hakodateshishi/tsuusetsu_02/shishi_04-02/shishi_04-02-05-01-03.htm
「両社の任務分担」
http://archives.c.fun.ac.jp/hakodateshishi/tsuusetsu_02/shishi_04-02/shishi_04-02-05-01-04.htm


〔事例作成日:2020年2月22日〕
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 10版)
貿易  (678 10版)
参考資料
(Reference materials)
五代友厚伝記資料 第3巻 日本経営史研究所∥編 東洋経済新報社 1972
五代友厚伝記資料 第1巻 日本経営史研究所∥編 東洋経済新報社 1971
五代友厚伝記資料 第2巻 日本経営史研究所∥編 東洋経済新報社 1972
新北海道史 第3巻 北海道∥編集 北海道 1971
五代友厚伝記資料 第4巻 日本経営史研究所∥編 東洋経済新報社 1974
五代友厚伝 五代/竜作∥編輯 五代竜作 1933
五代友厚秘史 五代友厚七十五周年追悼記念刊行会∥編集 五代友厚七十五周年追悼記念刊行会 1964
五代友厚伝 宮本/又次∥著 有斐閣 1981.1
日本近代都市史研究序説 小路田/泰直∥著 柏書房 1991.1
日本史研究 日本史研究會 日本史研究会  229-232 232号:221-232号総目次
住友史料館報 住友史料館 住友史料館  41
近代日中貿易成立史論 黄/栄光∥著 比較文化研究所 2008.3
經濟學研究 九州大学経済学会 編集 九州大学経済学会  80(5・6)(2014.3) 合併号
函館市史 通説編第2巻 函館市史編さん室∥編集 函館市 1990
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
大阪,人物・団体
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000279694解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!