このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-239
事例作成日
(Creation date)
2012年12月11日登録日時
(Registration date)
2013年01月25日 15時21分更新日時
(Last update)
2013年03月21日 16時33分
質問
(Question)
楷(カイ)の木の載っている植物図鑑を見たい。
回答
(Answer)
楷の木の掲載のあった、以下の植物図鑑を紹介した。

『原色樹木大図鑑』(林弥栄[ほか]監修 北隆館 1985)
 p418〈トネリバハゼノキ(ランシンボク、カイノキ)〉の項あり。
 「【用途】中国ではかつて進士に及第した者に授ける笏を作った樹として有名。杖や碁盤を作る用材に使われる。」とあり。カラー図版あり。

『世界有用植物事典』(堀田満〔ほか〕編集 平凡社 1989)
 p820〈Pistacia L. カイノキ属〉の項あり。
 「トネリバハゼノキ,オウレンボク(黄蓮木)P.chinensis Bunge(中国と台湾、孔子廟に植栽がみられる)の葉芽を黄鉢芽と称し、中医方で解熱、解毒、漆かぶれに用いる」と記述あり。

『和漢古典植物考』(寺山宏 八坂書房 2003)
 p108〈槐樹(えんじゅ)〉の項あり。
 「漢名-槐樹(かいじゅ) 和別名-楷樹(かいじゅ、かいのき)」「槐樹と音が同じようなものに楷樹があるが、これはウルシ科ランシンボク属の落葉高木をさす(学名、Pistacia sinensis・らんしんぼく、おうれんぼく)。楷樹の楷は楷書の楷に通じるものであり、又、曲阜(中国・山東省)の孔子廟には、子貢が手植したと伝えられる楷樹がある。このため、日本でも各地の孔子廟の境内には必ずといってよい程楷樹が植えられており、秋の紅葉が美しい。」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
森林立地.造林  (653 9版)
参考資料
(Reference materials)
『原色樹木大図鑑』(林弥栄[ほか]監修 北隆館 1985)
『世界有用植物事典』(堀田満〔ほか〕編集 平凡社 1989)
『和漢古典植物考』(寺山宏 八坂書房 2003)
キーワード
(Keywords)
樹木
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000127414解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!