このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000253526
提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
相-180011
事例作成日
(Creation date)
2018年09月17日登録日時
(Registration date)
2019年03月22日 11時37分更新日時
(Last update)
2019年03月22日 11時37分
質問
(Question)
NHKで放送された「マンダラと生きる」という番組の中で、「子島曼荼羅」という日本で作られたマンダラ絵画が紹介されていた。このマンダラの図版と、説明のある資料もしくは情報等を紹介してほしい。マンダラは、藍で染めた紙*(*絹布であったかも)を使っているようだが、このような紙についての資料等も併せて紹介してほしい。
回答
(Answer)
次の資料を紹介しました。

・『奈良県文化財図録5 美術工芸編(絵画)』奈良県教育委員会事務局文化財保存課編 奈良県教育委員会 1973
p.72に「紺綾地金銀泥絵両界曼荼羅図(子島曼荼羅)(国昭28・3・31)2幅」とあり、図版と解説が掲載されています。

・『原色日本の美術 第7巻 仏画』高田修、柳沢孝著 小学館 1969
p.72-73に「52 愛楽金剛菩薩 子島曼荼羅金剛界理趣会 国宝 奈良 子島寺 11世紀初」「53 大日如来 子島曼荼羅金剛界一印会 国宝 奈良  子島寺 11世紀初」とあり、図版(一部分)が、p.119に解説が掲載されています。

・『曼荼羅の鑑賞基礎知識』頼富本宏著 至文堂 1991
p.132に「系統の異なる現図曼荼羅」という項があり、「第152図 子島曼荼羅の部分(奈良・子嶋寺)」の図版(縦5cm×横14cmで、一部分と思われます)と解説が掲載されています。

・『日本仏教絵画史』高崎富士彦著 1966
巻頭「単色図版」に図版「72 両界曼荼羅図 胎蔵界中台八葉院 子島寺」、「73 両界曼荼羅図 金剛界供養会 子島寺」と、p.118~119に「72・73 両界曼荼羅図(子島曼荼羅)国宝 奈良 子島寺」が立項されており、曼荼羅の寸法や説明が記載されています。

・『日本の紙』荒川浩義編 毎日新聞社 1977
「標本紙編」のp.112~113に「藍染紙」の説明と標本紙があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NHK出版の雑誌「NHKこころの時代」とは編集が一部異なっており、雑誌には載っていなかった。
NDC
パルプ.製紙工業  (585 9版)
芸術史.美術史  (702 9版)
芸術政策.文化財  (709 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000253526解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!