このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000011581
事例作成日
(Creation date)
2013/05/30登録日時
(Registration date)
2013年07月19日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年07月23日 13時22分
質問
(Question)
スローフード運動は北イタリアで始まったと聞くが、正確には北イタリアのどこが発祥の地なのか。
回答
(Answer)
『スローフード・バイブル』などによると、北イタリア・ピエモンテ州ブラが発祥の地。『スローフードな人生!』にブラの位置を示したイタリアの地図などがあり。
回答プロセス
(Answering process)
498.5(食の安全)、383(民俗-食)の書架などを探す。

『現代用語の基礎知識 2012』(自由国民社)p1396「スローフード」には、伝統的な食材・料理・質の良い食品・酒の保護、質のよい素材を提供する小生産者の保護、消費者に味の教育を勧めることを目的として北イタリアからスタートした非営利活動とあるが、発祥の地についての詳しい記載はなし。
『食生活と栄養の百科事典』(丸善)p726「食環境づくりにおける栄養教育」にも同様の記載があるのみ。

『そろそろスローフード』(大月書店)p88「地方料理の再発見からスローフード・ムーブメントへ」中に、スローフード協会の会長カルロ・ペトリーニについての言及があり。カルロ・ペトリーニの著書『スローフードの奇跡』(三修社)が当館の書架にあり、内容を確認したところ、著者紹介に「スローフード協会創設者、イタリア・ブラ市生まれ」とあり。スローフード運動の発祥についての記載はない。

『スローフードな人生!』(新潮社)によると、スローフード運動は「イタリアのとある小さな田舎町で」1986年に始まったとのこと。さらに調べると、北イタリア・ピエモンテ州ブラにあるスローフード協会の国際本部を訪ねた体験談の中に、カルロ・ペトリーニらが故郷であるブラで、食文化を守る会「アルチゴーラ」を立ち上げ、これがスローフード運動として広まっていった経緯があり。ブラを含めたイタリアの各都市とスローフード運動の関係を書き添えた地図もあり。
またペトリーニの著書である『スローフード・バイブル』(日本放送出版協会)に、「スローフードのなりたち」の項があり、発祥の地はブラであると記載されている。

なお、『世界の食文化15 イタリア』(農山漁村文化協会)p245「スローフードとエコロジー」には、スローフード運動の発祥の地についての記載はないが、運動の拠点は北イタリア・ピエモンテ州のブラという小さな町だとの記載があり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
参考資料
(Reference materials)
『スローフードな人生!』島村 菜津/著(新潮社)
『スローフード・バイブル』カルロ・ペトリーニ/著(日本放送出版協会)
キーワード
(Keywords)
スローフード運動
イタリア
食文化
地産地消
社会運動
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000134014解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!