このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2032
事例作成日
(Creation date)
2012/04/17登録日時
(Registration date)
2012年11月07日 02時04分更新日時
(Last update)
2012年11月17日 15時01分
質問
(Question)
パンの市場規模、パン小売りの市場規模、ベーカリーショップの市場規模のこれまでの推移が知りたい。
回答
(Answer)
パン業界全体の市場規模を表す生産量や出荷数等は、1の資料で具体的な数値が
ご覧になれます。そのデータに基づいたパン市場の分析結果については、2~5の情報で
ご確認ください。

1 一次的な統計資料
 官公庁等で調査した統計データです。
 パン業界全体の市場規模を表す生産量や出荷数について具体的な数値やデータが参照
 できます。

 (1) 「工業統計調査」 経済産業省
     http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/kougyo/index.html
   全国の事業所を対象に毎年実施されている調査です。
   現在公開されている最新のデータは平成22年度のもので、
   過去から現在までインターネット上でデータが公開されています。
 
   また、当館の所蔵資料では『工業統計表 平成21年 品目編』 
  (経済産業省 経済産業政策局調査統計部/編
   経済産業調査会 2011)が 最新となります。
  
  「平成22年確報 品目編|工業統計調査|経済産業省」
   http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/kougyo/result-2/h22/kakuho/hinmoku/index.html
  
  上のページの「データ」の項目で「Microsoft Excel 形式」をクリックすると、 
  「平成22年確報 品目編」がExcelでダウンロードできます。 
  
  ここで「食パン」「菓子パン(イーストドーナッツを含む)」「調理パン、サンドイッチ」
  の品目について、出荷金額や産出事業所数が分かります。

 (2) 「商業統計表」経済産業省
     http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syougyo/index.html
   全国の事業所を対象に5年ごとの周期で本調査、
   本調査の2年後に簡易調査が実施されています。
   インターネット上では平成9年以降のデータが公開されており、
   現在公開されている最新のデータは平成19年6月1日現在に実施した調査結果です。
   この冊子資料は当館でも所蔵しています。

   「平成19年商業統計表(二次加工統計表)|商業統計|経済産業省」
    http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syougyo/result-2/h19/index-gyodata.html
   上のページの「業態別統計編」をクリックすると
   「業態別統計編(小売業)」の統計表がExcelでダウンロードできます。
   ここでは「菓子・パン小売業」の項目で事業所数や従業者数、年間商品
   販売額、売り場面積等が分かります。
  
2 調査分析資料
 1の統計等の結果に基づいて、調査分析した結果が掲載されており、
 業界全体の動向やデータの推移等が分かります。
 
 (1) 『食品産業統計年報 平成23年度版』食品産業センター 2011
   p.9~「第2章 食品産業の産業構造と加工食品の生産」
   p.267~「第9章 長期累年データ」では「第1表 食品製造業の 
   業種別事業所数、従業者数、現金給与総額、原材料使用額等、
   製造品出荷額等(1953~2009年)」の表があり、
   それぞれ年ごとのデータが掲載されています。

 (2) 『酒類食品統計年報 10-11年版』日刊経済通信社調査出版部/編 
    日刊経済通信社 2010

  次の事項について、記載があります。
   p.348~「小麦粉及び2次加工品」パンも含め業界の2009年、
        2010年の動き、データ
   p.350-351 小麦粉及び2次加工品の年次生産実績
          (2000~2010年予想)
   p.358 パンの種類別生産量の推移(1998~2009年)、
       パンの月別生産量の推移(2008~2010年3月)

 (3) 『酒類食品産業の生産・販売シェア 2011年度版 
     需給の動向と価格変動』
    日刊経済通信社調査出版部/編 日刊経済通信社 2011
    p.848~「第17章 小麦粉および粉2次加工品」、「第3節 パン」 
    需要動向や国内主要メーカー間の構成比等の
    生産集中度(業界の構造)について、 記載があります。

 (4) 『食品トレンド 2008~2009 産業編(業種別実勢グラフ) 』
    日本食糧新聞社 2008
    p.196~198 パンの生産量や品目別生産量の推移のグラフと生産推移、
    価格改定、商品トレンドそれぞれの動きについて記載があります。

 (5) 『食品トレンド 2008~2009 総合編(基礎データ)』
    日本食糧新聞社 2008
    p.224~「POSデータにみる2007年度食品売れ筋シェア」 
    2007年4月~2008年3月のベスト10のメーカーについて記載されています。 
    「パン・シリアル類」(p.257~)では、
    食パン、菓子パン、調理パン等の品目ごとに
    ベスト10のメーカーや金額について分かります。

    なお、(4)、(5)の資料の最新版である2010~2011年版は
    横浜市立図書館では所蔵しておりません。
    神奈川県内では神奈川県立保健福祉大学附属図書館で所蔵しており、
    18歳以上で神奈川県内に在住・在勤・在学の方であれば
    学外一般利用者も閲覧できます。

    (神奈川県立保健福祉大学附属図書館: http://www.kuhs.ac.jp/

 (6) 『業種別審査事典 第1巻(1→141) 第10次新版』
    金融財政事業研究会/編 金融財政事情研究会 2003
   「パン・菓子製造業」(p.1042~)、 「パン小売業」(p.1050~)、
   「インストアベーカリー(オーブンフレッシュベーカリー)」(p.1057~)について、
   基本的な業種の特色が掲載されています。
   ほかに、業界の動向や年間販売額や商店数の推移が、
   「商業統計表」(経済(通商)産業省)を元にグラフ化され、
   市場全体の概略を知ることができます。
   
   現在刊行されているのは、第12次(2012年2月出版)が最新となりますが、
   横浜市中央図書館では所蔵していません。
   神奈川県内では、神奈川県立図書館、川崎市立図書館が、
   第12次の資料を所蔵しています。

 (7) 『業種別業界情報 2012年版』 
    中小企業動向調査会/編著 経営情報出版社 2012
    p.102~「菓子・パン業界」
    2011年の業界の概要、動向、2012年の展望がまとめられ、 
    2011年の主な企業の
    業績やパンの生産量等のデータについても掲載しています。

 (8) 『TDB業界動向 2012-2』産業調査部/編 帝国データバンク 2012
   p.378~「(小売業)フレッシュベーカリー」業界動向、マーケットデータ、
   業界の特性等が簡潔にまとめられています。
 
3 パン市場の調査分析資料
  パン市場に絞って調査分析された詳細な資料ですが、
  専門的な調査レポートのため、所蔵している機関は少ないです。
  ただし、Web上でもある程度の情報が公開されています。

 (1) 『パン市場のチャネル別需要分析調査 2010』  
    東京マーケティング本部第一事業部/調査・編集 富士経済 2010

   「市場調査、マーケティング・レポートの富士経済 -レポート紹介-」
    https://www.fuji-keizai.co.jp/report/index.html?keyword=111007806

   総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済が2010年にパン市場について、
   流通パン、ベーカリーショップ、外食チェーンなどのパン市場についての
   動向を調査分析した資料です。
   国立国会図書館で所蔵しています。

   調査結果の概要は次のページでも確認できます。
  
   「量販店、コンビニ、ベーカリーショップなどのパン市場を調査」
    https://www.fuji-keizai.co.jp/market/10112.html

 (2) 『2011年版 パン市場の展望と戦略』矢野経済研究所 2011
     http://www.yano.co.jp/market_reports/C53201700
   矢野経済研究所が国内パン市場について2011年に調査した結果を
   まとめた資料です。
   目次は上述のページで確認できます。
   神奈川県内、国立国会図書館では所蔵していません。

   調査結果の概要は次のページでも確認できます。
    http://www.yano.co.jp/press/press.php/000751

   また、矢野経済研究所のページで「キーワード、タイトル名、資料コードから探す」に
  「パン市場」と入力して、検索すると14件ヒットします。調査結果のサマリー(要旨)が 
  公開されていますので、そちらも参考にご覧ください。
   http://www.yano.co.jp/market_reports/index.php

4 雑誌記事
 (1)「パン市場の現状と今後の展望」 加藤肇 
  (『食品工業』 54巻3号 光琳 2011年2月15日号)p.34~
  グラフやデータ一覧等はありませんが、パン市場の移り変わりや商品、
  市場の展望等がわかります。
  特集「パン市場の新潮流」の記事の一つで、他にもパンの製造技術や開発に
  関する記事が掲載されています。

 (2)「ベーカリー市場の現状と今後」 光山華代 
   (『食品工業』 55巻5号 光琳 2012年3月15日号)p.34~
  「ベーカリー市場規模推移」のグラフやマーケット分析、
  ベーカリーチェーンの企業動向等が掲載されています。
  特集「パン・菓子・デザートの世界」の記事の一つであり、
  他にもベーカリーショップやパンの開発に関する記事が掲載されています。

5 インターネット
  パン・菓子の専門紙『ベーカーズタイムス』のホームページ
  ( http://www.bakerstimes.co.jp/
  「パン関連データ」を選択すると、「パン類の生産量」、
  「小麦粉関連製品の生産量」のデータが
  2001~2011年度まで公開されています。

6 今回の調査に参考とした資料
 (1) 『ビジネスデータ検索事典 2006』 
   日本能率協会総合研究所マーケティング・データ・バンク/編
   日本能率協会総合研究所 2006
   p.214~「業界05 食品工業、食生活」

 (2) 国立国会図書館リサーチ・ナビ「市場規模・マーケットシェアの調べ方」
     http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102331.php

 (3) 国立国会図書館リサーチ・ナビ「食品産業に関する主要インターネット情報源」
     http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102148.php
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
商業経営.商店  (673 8版)
食品工業  (588 8版)
各種の統計書  (359 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000113677解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!