このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-1417
事例作成日
(Creation date)
2018年04月22日登録日時
(Registration date)
2018年11月01日 19時32分更新日時
(Last update)
2018年12月22日 11時06分
質問
(Question)
住民票の住所はどうやって決めるのか。住んでいるところが複数ある場合はどうするのか。
回答
(Answer)
『現代法律百科大辞典 4』ぎょうせい 2000
P160〜 「住所・居所」
[意義]
「住所」とは、人の生活の本拠である場所をいう(民法21条)
[住所決定の標準]
住所というためには、「定住の事実」という客観的要素だけで足りるのか、その他に「定住の意思」という主観的要素を必要とするのかについては、見解が分かれている。
[住所の個数]
住所は一つでなければならないか、複数ありうるかについては、立法例も一致せず、学説も分かれていたが、現在では、住所は法律関係ごとに定められればよく、画一的に決する必要はないとする複数説が通説となっている。これに対して、最高裁は、私生活面の住所・事業活動面の住所・政治活動面の住所等を分離して判断すべきではない旨判示し、単数説的立場をとっている。

『民法読解 総則編』有斐閣 2009
P84〜 住所
P87 住所の決定方法
「生活の本拠」はどのように定めるのか。この点については、本人の意思によるとする見解(主観説)と客観的に決まるとする見解(客観説)がある。
P88 住所=「生活の本拠」
住所=「生活の本拠」であり、「生活の本拠」とは何かは客観的に決まる。(中略)結局は、ケース・バイ・ケースであると言わざるをえないが(後略)

具体的にはっきりとした基準はわからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民法.民事法  (324 8版)
参考資料
(Reference materials)
伊藤正己 , 伊藤, 正己 , 園部, 逸夫(1929-). 『現代法律百科大辞典 4』: ぎょうせい, 2000-03.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000303039-00  (当館ID PV:7000019592 3203=N0=4)
大村敦志 著 , 大村, 敦志, 1958-. 民法読解 : 総則編. 有斐閣, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010076787-00 , ISBN 9784641135093 (当館ID PV:7200088143 324=N9=1)
キーワード
(Keywords)
住所
法律
民法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000244801解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!