このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2015-038
事例作成日
(Creation date)
2014/11/20登録日時
(Registration date)
2015年06月04日 11時13分更新日時
(Last update)
2015年10月02日 18時03分
質問
(Question)
『宇垣一成日記 3』に昭和19年に田川大吉郎氏とともに和平工作をした時のことを別の本に書いてあるとの記述があるが、その書名を知りたい。
回答
(Answer)
該当の文書は「大陸視察感想記」だと思われる。国立国会図書館憲政資料室で複製マイクロフィルムを閲覧することができる。ただし、田川大吉郎氏が関わっていたかどうかは不明。
回答プロセス
(Answering process)
1 『宇垣一成日記 3』(宇垣一成〔著〕 角田順校訂 みすず書房 1971)を確認
索引で、田川大吉郎の掲載があるページを確認するが、昭和19年には記載なし。
 p1823 昭和19年9月に「日華和平工作調査のため中国に赴く」とあり。昭和19年9月の日記本文を確認するとp1611に「九月二十日乃至十月二十日迄 此間の感想は『大陸視察感想記』に概録しあるから省略する。』」とありその後に「大陸視察感想記〔大要〕」が掲載されている。

2 インターネットでの調査
《Google》( https://www.google.co.jp/  Google 2014/11/20最終確認)を〈宇垣一成 & 大陸視察感想記〉で検索する。
《宇垣一成関係文書目録》( https://rnavi.ndl.go.jp/kensei/tmp/index_ugakikazushige.pdf  国立国会図書館憲政資料室 2014/11/20最終確認)
 同目録の請求番号262-265に「大陸視察感想記」があり憲政資料室で複製マイクロフィルムを閲覧可能。
 上記の昭和19年9月「日華和平工作調査のため中国に赴く」のときに、田川大吉郎がかかわっていたかどうかは不明である。

3 宇垣一成関係の資料を確認
『宇垣一成関係文書』(宇垣一成文書研究会編 芙蓉書房出版 1995)
 目次に田川大吉郎の名前なし。
『宇垣一成関係文書目録』(憲政記念館 1985)
 日記は本文の掲載なし。本文が掲載されている文書等に該当なし。
『官僚制としての日本陸軍』(北岡伸一著 筑摩書房 2012)
 p340 昭和19年9月20日から1ヵ月中国を旅行した旨の記載はあるが、田川大吉郎の名前は出てこない。
『宇垣一成とその時代 大正・昭和前期の軍部・政党・官僚』(堀真清編著 新評論 1999)
 p380、p435に日中和平工作調査のため中国に赴いた旨の記載はあるが、田川大吉郎の名前は出てこない。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289)
政治史.事情  (312)
参考資料
(Reference materials)
《宇垣一成関係文書目録》( https://rnavi.ndl.go.jp/kensei/tmp/index_ugakikazushige.pdf  国立国会図書館憲政資料室 2014/11/20最終確認)
キーワード
(Keywords)
宇垣 一成(ウガキ カズナリ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000175362解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!