このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
ポーラ化粧文化情報センター (4310007)管理番号
(Control number)
POLA-2016-025
事例作成日
(Creation date)
2010年03月26日登録日時
(Registration date)
2016年12月07日 19時45分更新日時
(Last update)
2016年12月07日 19時46分
質問
(Question)
日本での化粧の始まりについて、文献や記録に残っているか。また、「化粧」という表記が使われ始めたのはいつ頃からか
回答
(Answer)
化粧の発生については詳細は不明。佐賀県佐賀市の東名(ひがしみょう)遺跡の縄文時代早期の地層から漆の櫛が出土し、髪を梳く、装うといった、広い意味での化粧が行われていたことが確認されている
文献・記録については自館作成の年表『化粧史文献資料年表』で、魏志倭人伝記載の記述を挙げている

「化粧」初出は『宇津保物語』(970~999頃成立)と考えられる
回答プロセス
(Answering process)
以前まとめた資料より、佐賀県東名遺跡の漆の出土例と、魏志倭人伝を紹介

「化粧」表記の初出は、言葉の初出を掲載する『日本国語大辞典』(小学館)の「化粧」の項を確認して回答
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
衣住食の習俗  (383 9版)
語源.意味[語義]  (812 9版)
参考資料
(Reference materials)
村沢博人, 津田紀代 編 , 村沢, 博人, 1948-2009 , 津田, 紀代 , 村田, 孝子. 化粧史文献資料年表 増補改訂. ポーラ文化研究所, 2001. (化粧文化シリーズ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003622425-00 , ISBN 4938547627
国内最古の木製くし出土/佐賀市の東名遺跡. 四国新聞社, 2006.10.18. 四国新聞 p. 1p (このほか、「読売新聞」2006年10月19日などにも同内容記事掲載あり)
キーワード
(Keywords)
化粧
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000201033解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!