このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2011-078
事例作成日
(Creation date)
2011年11月29日登録日時
(Registration date)
2011年11月29日 18時46分更新日時
(Last update)
2012年06月05日 09時54分
質問
(Question)
徳川将軍日光社参の際、尾張・紀伊・水戸の御三家は鴻巣まで中山道を通行しているが、関連文献を紹介してほしい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介する。
御三家の中山道通行について記述のある資料
『鴻巣市史 通史編2 近世』
「第4章第1節 五街道の成立と鴻巣の道」
p165「二 市域の脇街道」忍館林道と主な通行
忍館林道について「正徳四年(1714)十一月、川面村は忍館林道を通る主な通行、日光社参時の門跡や御三家の供奉通行」の通行報告あり。
p269「天保十四年(1843)の一二代将軍家慶の日光社参に供奉する御三家は、大通行で混雑する日光道中を避けて中山道を北上し、箕田の追分から忍館林道を通って日光へ向かっている。」とあり。

『中山道 歴史の道調査報告書 5』
p16、p18
館林道について「この道は、将軍の日光社参の際、供奉する御三家が将軍が通行する日光御成道と日光道中を避けて、中山道から館林道へ入り日光に向かう際通行している。」とあり。

『埼玉・歴史の道50話』
p89「中山道〈下〉大名通行と大通行 前田家など四十九家通行」

日光脇往還、館林道について
『日光脇往還 歴史の道調査報告書 4』
p14「館林道」
「中山道の鴻巣追分(箕田)から分れて袋村(現吹上町)から行田へ入り、行田で日光脇往還と合流する道として館林道がある。(中略)御三家御三卿が通行した道であり、それが後世日光裏街道と称される由縁であろう。」とあり。

『埼玉県史 5 江戸時代前期』
p411「日光裏街道」あり。

『日光佐野路』
日光脇往還を通った日光社参について『徳川実記』を中心に『寛政重修諸家譜』、『徳川書家系譜』、『旗本家百科事典』等からまとめた資料。

『日光佐野路』関連資料より
「日光脇往還と徳川御三家」埼玉県立図書館所蔵なし。
羽生市立図書館を紹介。
回答プロセス
(Answering process)
その他調査済み資料
『新編埼玉県史 通史編3 近世1』(埼玉県 1988)
p625-632「日光社参」
『新編埼玉県史 通史編4 近世2』(埼玉県 1989)
p560-563「二 臨時大通行 日光社参」
『新編埼玉県史 資料編15』(埼玉県 1984)
p925-1004「第1章 日光社参」
『日光御成道 歴史の道調査報告書 2』(埼玉県教育委員会 1984)
p74「将軍の日光社参」
『桶川市史 1 通史編』(桶川市 2000)
p271-287「第二節 中山道と桶川宿の成立」
p357-259「交通量の増大と桶川宿」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
交通史.事情  (682 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『鴻巣市史 通史編2 近世』(鴻巣市 2004)
『中山道 歴史の道調査報告書 5』(埼玉県教育委員会 1986)
『埼玉・歴史の道50話』(埼玉県立博物館編著 埼玉新聞社 2005)
『日光脇往還 歴史の道調査報告書 4』(埼玉県教育委員会 1985)
『日光佐野路』(平井辰雄著 羽生市古文書に親しむ会 2004)
キーワード
(Keywords)
日光社参
御三家
中山道
日光脇往還
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000097281解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!