このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-12-016
事例作成日
(Creation date)
2013年02月20日登録日時
(Registration date)
2013年03月26日 11時36分更新日時
(Last update)
2013年03月26日 11時36分
質問
(Question)

 川田甕江の文久3年11月29日の日記に「高野廣馬」という人物が来た、という記載がある。
 インターネットでは「矢沢家文書」(松代領関係。長野市公文書館で複製を所蔵)に「高野廣馬」の名前が見られる。人名事典などに記載があるか。

回答
(Answer)
 高野廣馬は、幕末の松代藩士、勤王家、明治時代の政治家(文政11年~明治41年6月11日)。人名の項目がある資料として以下がある。

  ア 『更級郡埴科郡人名辞書』信濃教育会更級教育部会、信濃教育会埴科部会/編 象山社 1978年 (1939年 編者発行の復刻。自館請求記号 N280.3/2-1)
    p262-263の「高野眞遜」の項目に「通称を廣馬、謙齋と號す」とある。
  イ 『松代町史 下巻』大平喜間多/著 臨川書店 1986年 (1929年松代町発行の復刻。自館請求記号 N212/236)
    p673-674に「高野眞遜」の項目あり。資料アは資料イを主な出典としている。
    資料ア、イとも肖像写真が掲載されている。
  ウ 『真田家家中明細書』国立史料館/編 東京大学出版局 1986年 (自館請求記号 N280/136)
    p183-184に「高野廣馬」の項目あり。
 
 以下の資料には人名の項目なし。
 資料アには「郷にあっては村の排水に力を注ぎ加賀井に堤を築いた。その記念碑の撰文及び書は万延元年眞遜がものしたものである」という記載がある。
 碑文は
  エ 『長野市の石造文化財 第4集』郷土を知る会/編 長野市教育委員会 1981年 (自館請求記号 N714/8/4)のp186 に記載。
 また明治3年に発生した松代騒動(午札騒動)時には藩権大参事を務めており、その対応については
  オ 『長野県史 通史編第7巻』長野県/編 長野県史刊行会 1988年 (自館請求記号 N209/11-4/7) 
  カ 『長野市誌 第9巻』長野市誌編さん委員会/編 長野市 2001年 (N212/318/9) などがある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝記  (280)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
高野眞遜
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000129684解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!