このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000194780
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2016-027
事例作成日
(Creation date)
2015年09月08日登録日時
(Registration date)
2016年07月15日 14時38分更新日時
(Last update)
2016年09月06日 13時47分
質問
(Question)
奈良三郎について以下のことが知りたい。
1 奈良三郎の年代について
2 奈良三郎の子孫について
3 奈良元安が奈良三郎の子孫か
回答
(Answer)
1 奈良三郎高長は、保元の乱(保元元年(1156年)7月)で源義朝に従うという記述のある資料があった。
『熊谷人物事典』(日下部朝一郎編著 国書刊行会 1982)
『大里郡郷土誌』(下田江東編 聚海書林 1983)
また、建久年間(1190-99年)、奈良三郎が開山したという記述のある資料があった。
『埼玉宗教名鑑』(産報通信社出版局編 埼玉新聞社 1978)

2 奈良三郎の子孫については、3代後まで記述のある資料があった。
『埼玉叢書 第2巻』(稲村坦元編 国書刊行会 1970)
『大里郡郷土誌』(下田江東編 聚海書林 1983)
明和村田島地区には、奈良氏の姓を名乗る者が多いという記述のある資料があった。
小池幹衛著「明和村と奈良地区との交流」(『熊谷市郷土文化会誌 36』p13-17 熊谷市郷土文化会 1981.11)

3 奈良元安について記述のある資料はあったが、奈良三郎高長との関連は見つからなかった。
『広文庫 第16冊 は-ひ』(物集高見共著 名著普及会 1986)
『姓氏家系大辞典 第3巻 ナ-ワ』(太田亮著 角川書店 1981)
回答プロセス
(Answering process)
1 埼玉関係人物辞典類の調査
『熊谷人物事典』(日下部朝一郎編著 国書刊行会 1982)
 p270「奈良三郎高長(頼尊)」の項によると、「建久六年 没 (一一九五)」「武士。奈良氏の祖。成田氏系図によると、成田大夫藤原助高の三男三郎高長が、当所奈良に在住し在名をもって奈良氏を名のった。高長は保元の乱に源義朝に従い、のち当所に帰って妙音寺を開き頼尊といった。その子高家は頼朝に仕え高家の子助綱、その弟高綱、高綱の子幸綱、弟光綱など奈良氏の子孫である。また成田分限帳に四五貫文奈良下野があり、室町時代の記録中にも奈良氏の名がみえている。高長の兄助広は成田に、次兄の行隆は別府に、弟助実は玉井に分れ、地名をもって氏とし、武蔵の四家と称された〔熊谷の文化財(旧)p.19〕。」との記述あり。
「別に横山党系図では、成田氏の祖成任の弟三郎は箱田に住し、その弟奈良四郎が奈良氏の祖となり、奈良村に住す。子奈良三郎は保元の乱に義朝に従い、その子五郎は頼朝に仕う。(後略)〔武蔵武士〕-とあり異なっている。」
 出典資料の『武蔵武士』(渡辺世祐著 八代国治著 有峰書店 1971)ではp62にその記述あり。
 その他、妙音寺の墓石に関する記述あり。

2 埼玉関係データベースの調査
埼玉人物文献索引データベース(埼玉県立図書館)を〈奈良〉で検索したが該当なし。
埼玉関係雑誌記事索引データベース(埼玉県立図書館)を〈奈良〉で検索しヒットした資料の調査
小池幹衛著「明和村と奈良地区との交流」(『熊谷市郷土文化会誌 36』p13-17 熊谷市郷土文化会 1981.11)
 p16「奈良三郎の子孫」の項によると、「百姓系図改」という資料を典拠に、「明和村田島地区には、奈良氏の姓を名乗る者が多い。(中略)忍落城を期に、奈良氏の末流、奈良式部なる者が田島地区に土着し、長百姓となり代々名主を勤めた。」との記述あり。

3 熊谷関係地誌類の調査
『熊谷市史 通史編』(熊谷市史編さん室編 熊谷市 1984)
『大里郡郷土誌』(下田江東編 聚海書林 1983)
 p275-284「奈良村」の章あり。
 p276「成田系図に成田太夫助高の第三男に、奈良三郎高長あり、これ奈良氏の祖にして、始めて当村に居住し、在名を以て、氏とせしものなるべし、三郎高長は源義朝に従て保元の乱に参加し、又村内に妙音寺を建立す、高長の子を五郎左衛門高家と云ふ、源頼朝に仕ふ、(中略)成田分限帳に、四十五貫文奈良下野とある外、室町時代の古記録中、奈良氏の名しばしば載せられあるを以て、奈良高長当村に居住して以来、当村の地は戦国時代の頃に至るまで、奈良氏累代世襲して所領経営せし所なるべし、(後略)」とあり。
『新編熊谷風土記稿』(日下部朝一郎著 国書刊行会 1978)
 p219「奈良村」に「成田系図によると、成田太夫藤原助高の三男三郎高長、当所を領し奈良三郎と名乗り妙音寺を開き代々この地に住したが、妙音寺には三郎の墓と呼ばれるものがある。」とあり。

4 系図関係資料の調査
『寛政重修諸家譜 新訂』(続群書類従完成会)
『系図纂要 別冊』(名著出版)
『藤原氏族系図』(千葉琢穂編著 展望社)
『広文庫 第16冊 は-ひ』(物集高見共著 名著普及会 1986)
 p35「はたけやま(畠山氏)」の項に、「奈良元安」あり。
『成田記』(小沼十五郎保道著 歴史図書社 1980)
 p262に高長三郎から2代後までの系図あり。
 p286「成田分限帳」に「永楽 三十貫文 奈良下野」とあり。
『埼玉叢書 第2巻』(稲村坦元編 国書刊行会 1970)
 p317「成田系図 藤原」 基忠からはじまる系図に、高長のあと、3代後までの系図あり。 
『日本家系・系図大事典』(奥富敬之著 東京堂出版 2008)
 p739「ナラ 奈良」の項あり。3が高長の系図、5讃岐に多々良姓があったとあるが、3と5の関連は記述なし。
『姓氏家系大辞典 第3巻 ナ-ワ』(太田亮著 角川書店 1981)
 p4378-4380「讃岐の奈良氏」の項あり。
 p4378に「西讃府志に「奈良氏は其の先の出る所詳ならず。蓋し東国の人にて、応仁の比、太郎左衛門元安といへるあり。」とあり。

5 寺院関係資料の調査
『埼玉宗教名鑑』(産報通信社出版局編 埼玉新聞社 1978)
 p498-499「妙音時(真言宗智山派) 建久年間(1190-99年)、奈良三郎が開山したと伝えられている。墓地に頼尊の墓石が現存している。」とあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
事前調査資料
『埼玉県の地名 日本歴史地名大系 第11巻』(平凡社 1993)
p855「上奈良村(現 熊谷市上奈良)」に「幡羅郡忍領に所属(風土記稿)。(中略)かつては奈良村のうちで、成田氏一族といわれる奈良氏の苗字の地とされ、成田系図(龍淵寺蔵)によると成田氏の祖助高の子高長が奈良三郎を称している。(後略)」とあり。
NDC
日本史  (210 9版)
系譜.家史.皇室  (288 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『熊谷人物事典』(日下部朝一郎編著 国書刊行会 1982)
『大里郡郷土誌』(下田江東編 聚海書林 1983)
『埼玉宗教名鑑』(産報通信社出版局編 埼玉新聞社 1978)
『埼玉叢書 第2巻』(稲村坦元編 国書刊行会 1970)
『熊谷市郷土文化会誌 36』(p13-17 熊谷市郷土文化会 1981.11)
『広文庫 第16冊 は-ひ』(物集高見共著 名著普及会 1986)
『姓氏家系大辞典 第3巻 ナ-ワ』(太田亮著 角川書店 1981), ISBN 4-04-030230-3
キーワード
(Keywords)
奈良郷
奈良 三郎高長(ナラ サブロウタカナガ)
熊谷市-歴史
奈良 頼尊
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000194780解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!