このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000096295
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006846
事例作成日
(Creation date)
2010年10月13日登録日時
(Registration date)
2011年11月06日 12時21分更新日時
(Last update)
2011年11月06日 12時21分
質問
(Question)
「甲斐新聞」に、坂本龍馬暗殺についての連載記事(結城礼一郎著)が掲載されたのはいつか確認したい。
回答
(Answer)
「甲斐新聞」明治32年10月27日~11月2日の間に全6回の連載記事の掲載がある。当館では「甲斐新聞」マイクロフィルムを所蔵している。
回答プロセス
(Answering process)
「甲斐新聞」(マイクロフィルム)を調査し、明治32年10月27日~11月2日での連載を確認した。 
事前調査事項
(Preliminary research)
「近畿評論」明治35年5月号に、龍馬暗殺についての連載記事(結城礼一郎著)が「甲斐新聞」に連載されていたと記載されている。
NDC
日本史  (210 9版)
日本  (071 9版)
参考資料
(Reference materials)
「甲斐新聞」(マイクロフィルム)明治32年10月27日~11月2日
キーワード
(Keywords)
坂本竜馬
「甲斐新聞」
「近畿評論」
今井信郎
結城礼一郎
新聞記事
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
※坂本龍馬を暗殺したと自供した今井信郎が、旧友・結城無二三の息子・礼一郎に、暗殺の様子を語ったもの。礼一郎が、読み物風に修飾を加え、主筆をしていた「甲斐新聞」に連載にした。

※今井信郎が結城礼一郎に、龍馬暗殺について語った経緯や、「甲斐新聞」執筆のいきさつなどは、次の資料に記述がある。
・『旧幕新撰組の結城無二三』(結城礼一郎著 中央公論社 1976年)[資料番号0101994382]p54-58「坂本龍馬を斬った今井信郎」
・『実録差出の磯:新撰組生き残り結城無二三伝』(結城雄次郎著 甲陽書房 1968年)[資料番号0101993731]p77-86「だれが坂本龍馬を斬ったか?」
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
近代以降(明治以降)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000096295解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!