このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図 -598
事例作成日
(Creation date)
20100930登録日時
(Registration date)
2014年05月24日 19時34分更新日時
(Last update)
2014年08月14日 18時53分
質問
(Question)
キリストの磔刑の絵でよく目にする、十字架の上に描かれた「I.N.R.I.」は何か。
回答
(Answer)
『新カトリック大事典』1巻 「I.N.R.I.」(アイ・エヌ・アール・アイ)の項によるとラテン語の 「Iesus Nazarenus Rex Indaeorum」の略記で「ナザレの王イエス、ユダヤ人の王」の意味。
『西洋美術解読事典』 「磔刑」の項によると、古代には罪状を明らかにする銘板が罪人の首にかけられ、その後十字架の上端に固定された。ヨハネ福音書にはピラトが「罪状書きを買いて、十字架の上にかけさせた。それにはヘブライ、ローマ、ギリシアの国語で『ユダヤ人の王、ナザレのイエス』と書いてあった」としている。ルネサンス美術においては、ラテン語で「Iesus Nazarenus Rex Indaeorum」と書き「INRI」と省略されるのが普通だが、反宗教改革期の絵画では省略されずに3ヶ国語で書かれていることが多い。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
キリスト教  (190 8版)
洋画  (723 8版)
参考資料
(Reference materials)
『新カトリック大事典』 研究社 1996 (Ct:6000011110 1982=M6)
『西洋美術解読事典』 河出書房新社B 1988 (PV:0005008772 703=L8)
キーワード
(Keywords)
キリスト教
美術(西洋)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000153702解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!