このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
安城市図書情報館 (2310061)管理番号
(Control number)
2029
事例作成日
(Creation date)
2021年02月06日登録日時
(Registration date)
2021年02月16日 14時40分更新日時
(Last update)
2021年03月10日 20時43分
質問
(Question)
友達、親友、朋友の違いを知りたい(文字の意味ではない)。
回答
(Answer)
・『世界大百科事典 20』(031/ヘイ)007012362
・『尾木ママと考える!ぼくらの新道徳 2』(150/オギ/2)978-4-09-296691-8
・『時代を超えて楽しむ『論語』』(123.8/ウタ)978-4-254-51537-4
・『漢字語源語義辞典』(821.2/カノ)978-4-490-10852-1
・『中日大辭典 第3版』(823/アイ)978-4-469-01281-1
回答プロセス
(Answering process)
1.『世界大百科事典20』のp427-428の「ともだち(友達)」をご覧いただいたが、もっと深く知りたいとのこと。
   →論語の事も記載されていたのでそちらもご案内したが、論語の事はすでにご存じとのこと。

2.『尾木ママと考える!ぼくらの新道徳2』p158の「本音を言っても関係がこわれないのが親友」との記載あり。

3.『時代を超えて楽しむ『論語』』p11より、朋友の語源になった「朋」について」「師を同じくするを朋と日ふ、志を同じくするを友と日ふ」と鄭玄(じょうげん・ていげん)は言っており、祖それに対して朱熹(しゅき)は「同類なり」と言っている。

4.漢字語源語義辞典p1170の「朋」を調べると、「友だちの意味 また 一緒に組む仲間の意味」と記載あり。

5.中国語では『中日大辭典 第3版』p1292には、「つき合いの深い友人、または友だち、または味方」と記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (823)
経書  (123)
日本語  (031)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 20.HEIBONSHA'S WORLD ENCYCLOPAEDIA. トウケ-トン. 平凡社, 2007. (当館請求記号 031/ヘイ, 当館資料番号 007012362)
尾木直樹 指導/監修 , 金田達也 まんが , TELESCOPE,ltd. シナリオ , 尾木, 直樹, 1947- , 金田, 達也 , テレスコープ. 尾木ママと考える!ぼくらの新道徳 2. 小学館, 2020. (学習まんが小学生日記)(150/オギ/2)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I030253895-00 , ISBN 9784092966918
謡口明 著 , 謡口, 明, 1943-. 時代を超えて楽しむ論語. 朝倉書店, 2012. (漢文ライブラリー)(123.8/ウタ)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024059150-00 , ISBN 9784254515374
加納喜光 著 , 加納, 喜光, 1940-. 漢字語源語義辞典. 東京堂出版, 2014.(821.2/カノ)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025769520-00 , ISBN 9784490108521
愛知大学中日大辞典編纂所 編 , 愛知大学. 中日大辭典 第3版. 愛知大学中日大辞典編纂所, 2010.(823/アイ)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010743722-00 , ISBN 9784469012811
キーワード
(Keywords)
友達
親友
朋友
違い
一般書
児童書
鄭玄
朱熹
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000293860解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!