このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000052565
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2008-051
事例作成日
(Creation date)
2008/09/24登録日時
(Registration date)
2009年03月18日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年03月30日 16時46分
質問
(Question)
朝霞市に昭和10年ごろから昭和15年まで「青山寺」もしくは「報恩寺」という寺院が存在し、同時に僧侶学校があったらしい。通称「朝霞大仏」として知られている。これを調べてほしい。戦前の資料(公文書)でそれらの存在が書かれているものがあるか、また、戦前のお寺や僧侶学校はどこが管理していたのかを知りたい。
回答
(Answer)
戦前の資料(公文書)の記述は見あたらず。戦前の寺院の管理については、「宗教団体法」(昭和14年法律第77号)があり、この法律の第6条に寺院の設立に関する地方長官の認可、第9条に地方長官が保管する寺院財産台帳に登録を受けることを要す、という文言があり、地方長官(埼玉県では知事)が管理していた。《中野文庫》( http://www.geocities.jp/nakanolib/hou/hs14-77.htm 2008/09/24最終確認)
僧侶学校については『埼玉県教育史』に記載がなく、確認はできなかった。
なお、根津嘉一郎の寺院建立についての記述は下記の資料にあるが、いづれも太平洋戦争勃発により頓挫したというものである。
『朝霞市史 通史編』p1273-1276、『根津翁伝』p320-324。
回答プロセス
(Answering process)
これらに関連した公文書は、埼玉県立文書館の資料に「寺院財産登録番号簿(宝物・債券等)昭和15年度から昭和20年度」(文書簿冊番号26425)、「仏堂寺院所属認可等報告綴 昭和17年度」(文書簿冊番号26426)があり、公開文書閲覧可能。内容は未確認だが、「宗教団体法」との関連で質問の寺院の存在が明らかになる可能性あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
「青山寺」(もしくは報恩寺)は、根津嘉一郎が私財で設立した僧侶学校。寺院と遊園地を兼ねていた。通称根津公園。昭和9年に土地5万坪が買収されている。「僧侶の宿舎があり、20人近くの僧侶がいた」(「目で見る 朝霞・志木・新座・和光の100年」)とある。正式なお寺・学校だったのか確認したい。
NDC
寺院.僧職  (185 9版)
法律  (320 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『朝霞市史 通史編』(朝霞市 1989)
『根津翁伝』(根津翁伝記編纂会 1961)
キーワード
(Keywords)
青山寺
報恩寺
朝霞大仏
宗教団体法-法律
寺院
僧侶学校
朝霞市-埼玉県-昭和時代-歴史
郷土資料
公文書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000052565解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!