このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。
メインコンテンツにスキップ

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
伊丹市立図書館 本館「ことば蔵」 (2300062)管理番号
(Control number)
3749
事例作成日
(Creation date)
20221001登録日時
(Registration date)
2022年10月05日 14時14分更新日時
(Last update)
2022年11月30日 17時53分
質問
(Question)
ムクロジやサイカチが洗濯用に使われたと聞いたが本当か。
回答
(Answer)
次の資料に、記載があります。
『暮らしの中の洗浄』辻薦/著 地人書館(1994)576.5/K p.28
「身近にある植物の樹液も洗浄に利用された。記録に残っている主なものをあげると、次のようなものがある。ムクロジ(果皮)、サイカチ(さや、実)、サネカズラ(実、茎、葉)、ミカン(果皮)、ツバキ(実の油粕)、エンジュ(さや)、エゴノキ(果皮)、ノリウツギ(樹皮)、トチノキ(実)、ムクゲ(葉)、茶の実、サンザシ(実)、ネムノキ(葉)、カタバミ(しぼり汁)、サボンソウ(道灌草)(根、茎、葉)、ダイコン(葉)、サボテン(おろし汁)」

『日本大百科全書 13』平凡社(1987)参考/031/N-13 p.808
洗濯の項[洗浄]より・・・「~日本では古くからサイカチ、ムクロジの実、灰汁、米のとぎ汁、操豆(アズキの粉)などが洗濯に用いられ、」

以下、該当項に洗浄で使用との記載があったため紹介。
【ムクロジ】
『広辞苑 第7版』新村出/編 岩波書店(2018)、『平凡社大百科事典 14』平凡社(1985)、『世界大百科事典 27』平凡社(2007)、『日本大百科全書 22』小学館(1988)、『APG原色樹木大図鑑』邑田仁・米倉浩司/監修 北隆館(2016)
『古事類苑 植物部一』吉川弘文館(1971)の無患子の項には、和漢三才圖會に「其子皮煎汁洗衣能去垢、」、本草一家言に「殻皮名奢盆(シャボン)、」、 重修本草綱目啓蒙に「ソノ外皮ヲ俗にシヤボント呼ビ、油汚ノ衣ヲ洗フニ用ユ、」と記載。
【サイカチ】
『広辞苑 第7版』新村出/編 岩波書店(2018)、『平凡社大百科事典 6』平凡社(1985)、『日本の樹木 増補改訂新版』林弥栄ほか/編・解説 山と渓谷社(2011)、『APG原色樹木大図鑑』邑田仁・米倉浩司/監修 北隆館(2016)
回答プロセス
(Answering process)
事実調査であったため、百科事典をはじめとした資料提供。
事前調査事項
(Preliminary research)
洗濯に使われた木について調べていたところ、ムクロジとサイカチがインターネットに載っていると教えてもらった。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
レファレンス協同データベースの類似事例
江戸時代、洗濯に石鹸と洗濯板を使用したか。
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021953  [確認日:2022/10/1]
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000322305解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決

Twitter

このデータベースについて

国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ

新着データ

最近のアクセスランキング

レファ協PickUP!