このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-22-023
事例作成日
(Creation date)
2022年05月11日登録日時
(Registration date)
2022年05月14日 15時07分更新日時
(Last update)
2022年05月23日 15時15分
質問
(Question)
日本海軍暗号書について『インテリジェンスから見た太平洋戦争』原勝洋著 潮書房光人社 に出てくるが、暗号書Dの系列で「波」の読みは「ハ」か「ナミ」か。
回答
(Answer)
防衛研究所資料閲覧室へ照会したところ、読みは「ハ」でよいとのこと。
回答プロセス
(Answering process)
1  当館では『インテリジェンスから見た太平洋戦争』を所蔵していないため、NDC分類391(戦略)の書棚で太平洋戦争時の日本海軍の暗号に関する資料を探す。

2 『暗号に敗れた日本』原勝洋ほか著 PHP研究所 2014 【391.6/ハカ】をみていくと、暗号書の系列についての記述見られる。p.286からの「ガタルカナル戦当時の「呂」暗号と「波」暗号」という項に、暗号書の変遷にかかわる記述に、「暗号書波壱」「呂壱使用規定」「海軍暗号書呂壱」などがあり、昭和18年4月1日の新乱数表に、「日本海軍略称:ロ一・ラ四(呂壱乱数表第四号)」と記されていた。これらのことから勘案すると、「ハ」という読みの可能性が高いと考えられた。

3 防衛研究所資料閲覧室へ照会したところ、「ハ」でよいとのこと。

<調査資料>
・『日本の暗号を解読せよ』 ロナルド・ルウィン著 草思社 1988 【391/51】
・『太平洋戦争暗号作戦 上・下』 エドウィン・T・レートン著 TBSブリタニカ 1987 【391/48】
・『コード・ガールズ』 ライザ・マンディ著 みすず書房 1987 【391/48】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
戦争.戦略.戦術  (391 10版)
参考資料
(Reference materials)
原勝洋, 北村新三 著 , 原, 勝洋, 1942- , 北村, 新三, 1940-. 暗号に敗れた日本 : 太平洋戦争の明暗を分けた米軍の暗号解読. PHP研究所, 2014.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025642163-00 , ISBN 9784569815527 (【391.6/ハカ】)
キーワード
(Keywords)
暗号
日本海軍
暗号書D
照会先
(Institution or person inquired for advice)
防衛研究所資料閲覧室【最終各印2022.5.14】
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
音訳 団体
登録番号
(Registration number)
1000316187解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!